お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サイボウズ、サイト一時停止の調査結果「不正アクセスはなかった」

2005/11/16 18:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは11月16日、ウェブサイトに不正アクセスの疑いがあるとして11月10日にサイトを一時的に停止した件について、「不正アクセスの事実が確認されなかった」という調査結果を発表した。

 サイボウズでは、ウェブサーバをオープンソースのrootkitチェックツール「chkrootkit」で調査したところ、「rootkit」が埋め込まれている可能性が非常に高いとの結果が出たため、11月10日19時45分頃にウェブサーバを停止し、11日7時50分頃までに新たにサーバを構築、不安定な状態が続いたものの、最終的に11時30分頃には一部を除いてサイトを再開した(関連記事)。その後、問題のサーバについてはセキュリティサービスを手がけるラックに調査を依頼した。

 今回発表されたその調査結果によると、ウェブサイトからウイルスの拡散や個人情報の流出、コンテンツの改ざん、破壊など、不正アクセスの事実は確認されず、その可能性は極めて低いという。

 サイボウズでは、以前に比べてセキュアな状態でサーバを運用しているが、今後はセキュリティ専門業者の利用も含めて、さらにセキュリティを強固にする。また、現在停止中の一部サイトについては順次公開していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社