お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、VoIPサービス会社と提携--「Google Talk」関連サービスとして

2006/02/01 13:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VoiceOne(本社:フロリダ)は米国時間31日、Googleに対してインターネット電話サービスの提供を開始したことを正式に認めた。Googleのサービス「Google Talk」との関連が予測される名称未定のサービスの一環だという。

 VoiceOneの親会社VoIP Inc.の最高技術責任者(CTO)、Shawn Lewisはインタビューのなかで、VoiceOneがGoogleと契約済みで、既にサービスの提供を開始していることを明らかにした。Lewisは、契約期間が2年であることは明かしたものの、詳細は守秘義務契約があるため明かせないとした。

 Googleの関係者も、事実確認をすると述べる以外、情報を明かさなかった。

 米証券取引委員会(SEC)に30日に提出された書類によると、VoiceOneはGoogleにVoIPサービスを提供するためのサービス主契約を2005年9月1日に結んでいる。

 Lewisによると、両社はピアリングに関する提携を結び、両社のIPネットワーク間でトラフィックがやりとりされるという。

 VoiceOneサービスを利用すれば、従来の電話回線より大幅に安いインターネット回線を使った通話サービスを企業各社が顧客に提供できるようになる。VoIP Inc.は、Broadwing CommunicationsやPac-West Telecommなどを顧客にしている。

 Googleは、音声対応インスタントメッセージング(IM)サービスGoogle Talkを8月下旬に発表している。

 VoIPは今後有望な分野として見られている。Googleと競合するYahoo、Microsoft、およびAmerica Onlineは、いずれもIMサービスの一部として音声対応のチャットを提供している。この分野の先駆者的企業としては、2005年にeBayが買収したSkypeがある。

 一方、Rates Technology(RTI)では、Google Talkが利用する技術が自社の特許を侵害しているとし、Googleを10月に提訴している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社