お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2005年下半期のブログ訪問者数は2155万人--SNS利用者の利用率は特に高い

2006/01/19 17:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビデオリサーチインタラクティブは1月19日、2005年下半期におけるブログの視聴動向についてのまとめを発表した。発表によると、2005年7月から12月の6カ月間のブログ推定訪問者数は約2155万人となった。

 調査は2005年10月に発表された総務省の調査「ブログ・SNSの登録者数」に協力した事業者をベースに、37社55サービスを抽出して集計している。この結果に、ビデオリサーチインタラクティブが1月12日に発表したSNSの訪問者数に関するまとめ(関連記事)を照らし合わせる形で視聴動向を分析している。

 2005年下半期のブログの推定訪問者数は2155万人となっている。また、2005年下半期のインターネットアクティブユーザーに対するブログサイト接触者率は67.1%と、2005年前半ブログサイト接触者率61.4%から上昇している。また、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の訪問者491万人のうちの96%にあたる470万人が、ブログサイトも閲覧しているという結果が出た。

 訪問者の重複状況では、全利用者のうちブログとSNSの両方を利用しているのが22%であり、SNSのみのユーザーはわずか1%にとどまった。これを照らし合わせると、SNSユーザーは非SNSユーザーに比べてブログ利用率が高く、SNSユーザーにおけるブログとの親和性の高さが証明されるとしている。

 訪問者属性については、ブログ訪問者のボリュームゾーンは男女ともに35才から49才の層だが、SNSユーザーのボリュームゾーンは男女とも20才から34才となっており、傾向が異なっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社