お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ヤフーの検索エンジン切り替え計画がオーストラリアで明らかに

2003/08/21 08:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットポータル大手のYahooは、ウェブ検索技術会社Googleへの依存をまもなく止めることを示す兆候を見せた。

 YahooはInktomiの検索エンジンが、Googleのクローラーベースの検索エンジンの代替となれるだけの性能があるか調べるため、複数の地域ポータルで同エンジンをテストしている、とYahoo Australiaの検索プロデューサーPeter Croweは述べている。

 Croweは、Inktomiが各地域市場で適切な検索結果を提供できるのであれば、Yahooは躊躇なくInktomiエンジンに切り替えるという。

 このテストは、InktomiをGoogleなど他の複数の検索エンジンと比較するというものだ。

 「オーストラリアのユーザーにとってInktomiの結果のほうがよければ、我々はInktomiに移行する。……そして各地域でInktomiのほうが成績がよければ、そこでもInktomiが採用されるだろう」(Crowe)

 Croweは、Inktomiが各地域市場にとってどれだけ適切な検索結果を返せるか、それぞれの地域ポータルが評価を行い、移行の決定はケースバイケースでなされると述べた。

 Yahooが2002年12月にInktomi買収を発表して以来、YahooがGoogle離れする作戦を進めているとの憶測が流れていた。

 Yahooが今年3月にInktomi買収を完了した際、同社は、「自らの運命をコントロール」できるように、1つのサードパーティプロバイダへの依存を避ける必要があると述べている。

 Yahooは、同社のアルゴリズム(無料)検索機能にGoogleの検索エンジンを採用する契約を結び、アジアの一部を除く同社の全ポータルで、Googleのサービスを利用している。

 YahooとGoogleとの契約は2004年末まで有効だが、Croweによると、Googleとの契約には排他的条項はないという。

 しかしやはり、Yahoo AustraliaはInktomiが適合度テストに合格した場合に、Inktomiサービスに移行する具体的スケジュールは設定せず、「中期的」に実施すると述べるにとどまった。

 Yahooのポータル計画にとって、Googleエンジンに何か足りないものがあるのか尋ねると、Croweは「足りない予感がする。しかしその予感をサポートする科学的結果が出るまでは」公にはコメントしないと述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社