お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Netscape 7.1が公開、ただし「一寸先は闇」

2003/07/02 15:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Netscape Communicationsは米国時間6月30日、最新版ブラウザ「Netscape 7.1」をリリースした。ナビゲーションを向上し、スパム防止などの機能を拡張したという。しかし、Netscapeの共同設立者のMarc Andreessenはリリースに先立ち、「ブラウザの革新は瀕死状態だ」とコメントしている。

 Netscape Communicationsは米AOL Time Warner傘下の組織だが、現在、その9年間の歩みの中でも不安定な時期にあるといえる。立ち上げ当初、インターネットをベースに米MicrosoftのOSをうまくかわす存在と期待されたNetscape Communicationsとそのブラウザだが、MicrosoftのInternet Explorer(IE)がブラウザ市場で圧勝を収めてからは、崖っぷちに追い込まれてしまった。

 さらに親会社のAOL Time Warnerが、反トラスト法訴訟で争っていたMicrosoftと7億5000万ドルで和解し、それにともなってIEの7年間無償ライセンスを獲得している。このため、「Netscapeは、AOL Time Warnerの時間と資金をつぎ込む価値があるものなのか」との声も挙がっている。

 現在は米Opsware会長を務めるAndreessenは、「Netscape Communicationsの士気は今後も高まりそうにない。またAOL Time Warnerの幹部に対して、Netscape Communications部門の存続は見返りがあると説得する意欲もないだろう」と語る。

 先週ロンドンで開催された会議の場で、Andreessenは「過去5年間、Netscapeブラウザは何の目新しさもみられなかった。今後5年間も変わることはない」と語り、Netscapeブラウザの現況を「見苦しい」と切り捨てている。

 ブラウザ市場全体に向けたAndreessenのコメントは、競争相手のMicrosoftにも同様に当てはまる。Microsoftは最近、IEスタンドアロン版の提供を間もなく終了し、Mac版IEの開発を中止する計画を発表した。一方で、ブラウザを開発するその他の小規模企業も、パソコンのウェブ閲覧で新たな方法を見出すのではなく、パソコン以外の最新の装置/アプリケーション向けに、ブラウザの開発を行っている。

 Netscape 7.1は、英語以外の言語で記述されたドメインの対応、ベイズ分析による受信メールのスパムフィルタリング、ポップアップ広告の制限といった機能が主な特徴だ。AOL Time Warnerが資金提供するオープンソース開発グループ、Mozillaが6月30日にリリースしたMozilla 1.4をベースにしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社