お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、次期Mac OS Xリリースを10月に--原因はiPhone開発

2007/04/13 08:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの次期Mac OS X「Leopard」のリリースが10月までずれ込むことが明らかになった。理由は、「iPhone」の出荷予定を守るためだという。

 Appleは米国時間4月12日の株式市場終了後、プレスリリースでスケジュールの延期を発表した。iPhoneのリリースは現在予定通りで6月となっているが、iPhoneのリリース時期を守るため、Leopard開発者や品質保証スタッフのプロジェクト変更が必要だった、と同社では説明している。ちなみに、同社では、6月に「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の開催を予定している。

 その結果、今春にLeopardをリリースする、というAppleが過去数ヶ月間繰り返して述べていた計画が難しくなった。「最終版に近い」同OS(Mac OS X 10.5)がWWDCでテスト用に開発者に配布され、現在のところ最終リリースは10月になるという。

 「人生にはトレードオフがつきものだ。今回の場合、正しい選択であったと確信している」と同社はプレスリリースで述べた。

 Appleの関係者は延期に関し、声明文以外の詳細を明らかにしていない。

 一方、ウォールストリートがこれに即座に反応し、Appleの株価は時間外取引で2%をわずかに上回る額下落した。Endpoint Technologies AssociatesのアナリストRoger Kay氏は、「彼らは自分たちの実行能力に対する人々の信頼を低下させた」と語った。

 アップルは、2月にも「Apple TV」の発売延期を余儀なくされているが、当時はその理由を明らかにしなかった。Apple TVはその後3月に発売された。

 今回の延期については、その原因こそ異なっていたが、うわさが正しかったこととなる。Digitimesは3月、Appleが同OSのリリースを10月まで延期する計画であることを伝えていた。ただし、原因については、「Boot Camp」ソフトウェアと「Windows Vista」の互換性を確保する時間が必要なためと述べていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社