お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日立とNEC、「COBOL2002 for .NET Framework」を共同で製品化

2004/11/25 19:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所とNECは11月25日、.NET Frameworkに対応したCOBOL開発環境「COBOL2002 for. NET Framework」を共同で製品化し、同日から販売を開始すると発表した。標準価格は税込みで42万円から、出荷時期は2005年3月31日の予定だ。

 .NET Frameworkはマイクロソフトの提供するアプリケーション開発・実行環境。これに対応した新製品を利用すると、COBOLを利用してのWebサービスアプリケーション開発が容易に行えるようになる。COBOLは従来、基幹系システム向けの主要開発言語とされてきたが、これまでのプログラム資産とWebサービスとの融合が求められているというニーズに応えた形での製品化だ。

 COBOL2002規格に準拠した新製品は、従来のCOBOLのプログラミングスタイルでの開発ができるのはもちろん、既存のCOBOLアプリケーション資産の有効活用も可能となっている。特に日立の「COBOL2002」およびNECの「Open COBOL Factory21」との親和性を保持している。

日立製作所
NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社