お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IBM、中規模企業向け低価格ストレージサーバ「DS300」などを発表

2004/09/06 13:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間3日、SAN(Storage Area Network)の構築を検討する中規模企業向けに低価格ストレージサーバをリリースする予定であることを発表した。

 今回発表されたのは、iSCSIプロトコルをベースとした「DS300」サーバ。同サーバは既存のGigabitイーサネットネットワークを利用するiSCSIプロトコルに対応しているため、ユーザーは、従来のFibre ChannelベースでSANを構築する場合と比べて費用を抑えられる。

 同サーバには、Ultra320 iSCSIドライブやバッテリバックアップキャッシュ、電源が搭載されている。IBMによると、同システムの価格は2995ドルから。

 ストレージ用のハードウェアやソフトウェアを販売する企業各社はこれまで、自社製品の価格が中小企業にとって手頃なものになるように、iSCSI標準を採用するなどしてコストの削減に力を入れてきた。この背景を考慮すると、IBMの今回の発表は重要な意味をもつ。

 IBMはさらに、容量2Gバイトで高さ5.25インチ(約13センチ)のFibre Channel対応ストレージシステム「DS400」も発表した。IBMによると、同サーバの価格は5254ドルからになるという。

 両サーバともRAID管理ツールによる管理が可能で、WindowsとLinuxの両OSに対応するとIBMは述べる。両製品とも同社のTotalStorageスイートに組み込まれ、第4四半期に発売される。

 さらにIBMは同日、ミッドレンジ向けストレージ製品ラインの名称を「FAStT Storage Servers」から「DS4000 Midrange Disk Systems」に変更すると述べたほか、同製品ライン向けの新しいソフトウェアを発表した。この「DS4000 Storage Manager V9.1」ソフトウェアは、リアルタイムにデータを複製し、情報を保護できる設計になっている。同ソフトウェアを使えば、顧客は同期/非同期の両モードでデータをミラーリングすることが可能。また、既存顧客は同ソフトをウェブサイトから無料でダウンロードできる。

 さらにIBMは、「Shark」と呼ばれることもあるハイエンド向け製品ラインEnterprise Storage Serverが、「IBM TotalStorage Disk Systems Family」という製品シリーズに組み込まれたことも明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社