お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

東京工科大と早大、新制度の「大学メンバー」としてOSDLに参加

2004/07/01 15:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの普及促進を図る非営利団体Open Source Development Lab(OSDL)は米国時間6月30日、大学などの高等教育機関を対象とした新たなメンバー制度を発表した。OSDLの日本支部であるオープン・ソース・デベロップメント・ラボ ジャパン(OSDLジャパン)が明らかにしたもの。これを受け、国内から東京工科大学と早稲田大学の2校、米国からマリスト大学(Marist College)、オレゴン州立大学(Oregon State University)、ポートランド州立大学(Portland State University)、スタンフォード大学(Stanford University)の4校がOSDLに加わった。

 各校はOSDLアフィリエイトメンバーの資格を得て、キャリアグレードLinux(CGL)、データセンターLinux(DCL)、デスクトップLinuxの各ワーキンググループ活動などに参加できる。「これにより、商用Linuxベンダー各社とアカデミックなLinuxコミュニティがアイデアを共有し、共通の課題を解決できるフォーラム提供を目指す」(OSDL)

Open Source Development Labのプレスリリース(英文)
オープン・ソース・デベロップメント・ラボ ジャパンのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社