お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウェブアプリとオンラインゲームを同時に楽しめるルータ、プラネックスから

2007/09/25 07:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラネックスコミュニケーションズは、オンラインゲームの技術を活用したルータの開発に乗り出した。ゲーム用ミドルウェアを開発、販売するコミュニティーエンジンが開発した通信用ミドルウェア「VCE2」に対応する。

 VCE2はリアルタイムネットワーク機能を実現するための、通信に特化したミドルウェア。マルチプラットフォームに対応する。

 これまではオンラインゲームをしながら他のネットワークアプリケーションを利用した場合、そのネットワークアプリケーションの影響をうけてオンラインゲームのレスポンスが悪くなったり、ゲームの動作そのものが停止してしまったりすることがあった。今回開発するゲームルータと、VCE2を用いて開発されたオンラインゲームを同時に使用することで、オンラインゲームで使用するネットワーク帯域をあらかじめゲームルータに通知し、他のネットワークアプリケーションのパケットに影響されないよう帯域を制御し、ユーザーに快適なゲーム環境を提供するという。なお、オンラインゲームをしないときは通常のルータとして利用できる。

 VCE2を搭載したオンラインゲームは2008年より販売される予定。VCE2の前バージョンであるVCEは、コーエーの「信長の野望 Online」やガンホー・オンライン・エンターテイメントの「エミル・クロニクル・オンライン」、セガの「プロサッカークラブをつくろう!ONLINE」などで採用されている。PCだけでなくWiiやニンテンドーDSなどさまざまなハードウェアでソースレベルから互換性を持ち、幅広い機器に対応できるという。

 VCE2は、1つのサーバプロセスで多数のクライアントとの通信路を維持する。このため、クライアント、サーバ型のソリューションを容易に構築できるという。また、VCE2を採用することで開発者はSocketなどのネットワークに関するプログラミング技術や、セキュアな通信路を確保するための暗号化手法などを気にせずに済み、ビジネスロジックの部分に開発資源を集中できるため開発期間の短縮や、コーディング量の減少による品質の向上につながるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社