お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

急拡大するアジアの通信市場に切り込め--CommunicAsia 2007が開幕

2007/06/19 21:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アジア最大の通信関連の展示会「CommunicAsia 2007」が6月19日、シンガポールで開幕した。18回目となる今回は、アジア地域を中心におよそ2400の企業が最新の技術やサービスを展示している。

 今年注目の分野は、日本でも2007年秋に周波数が割り当てられる予定の高速無線通信技術「モバイルWiMAX」や、NGNと呼ばれる次世代のネットワークだ。また、第3世代携帯電話(3G)がアジア諸国で少しずつ普及しはじめていることから、3G向けの機器やサービスを展示している企業は多い。

 大手企業の動向としては、スウェーデンのEricssonやスウェーデンのNokia SiemensがHSDPAやその進化版となるi-HSPA、携帯電話やインターネットを利用したテレビサービスを展示している。端末メーカーではサムスン電子やSony Ericsson、LG Electronicsなどが最新の端末を紹介。日本企業ではNTTドコモがおサイフケータイを使って駅の改札を通過するデモンストレーションのほか、最新の904iシリーズなどを展示していた。

 CommunicAsia 2007は22日までの4日間開催される。

CommunicAsia 2007 CommunicAsia 2007では急拡大するインドやマレーシアなど東南アジア市場を狙って、多くの通信関連企業が出展している
NTTドコモのブース NTTドコモのブース。対応端末や独自サービスがアジアでは展開されてないこともあり、人影はややまばらだ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社