お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT東西、なりすましによる虚偽申し込み被害が「ボイスワープ」で相次ぐ

2007/02/21 12:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT東西は2月20日、「ボイスワープ」の契約者全員に対して、契約の確認を行うと発表した。

 両社によると、2007年1〜2月以降、「116」に対して、第三者による「ボイスワープ」への申し込みが複数件発覚したという。

 2月19日時点で確認されている被害は、NTT東日本が東京、千葉、埼玉、福島、茨城、山梨、宮城で25件、同西日本が愛知で3件。うち3件(東日本2件、西日本1件)は、「ボイスワープ」の開通後、虚偽申し込みの被害者がNTTを名乗った“なりすまし者”の電話を受け、故障修理の名目で、“なりすまし者”が指定したボイスワープの転送先電話番号に登録させられていたという。

 両社では、今回の被害の対策として、既存の契約者を対象に、改めて契約内容の確認を行い、付加サービスの電話による新規契約申込者には、本人確認のための質問項目を追加し、なりすましによる虚偽申し込みの防止を強化していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社