お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

KDDI、未成年の有害サイトアクセス制限に親権者の意思確認必須化

2007/02/06 21:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは2月5日、有害サイトへのアクセスを制限する「EZ安心アクセスサービス」の申し込みに関する親権者の意思確認を2月13日から必須化すると発表した。青少年が安心して携帯電話を使うことができるよう、同サービスの認知拡大および普及促進を図る。

 今回の取り組みは、未成年者がau携帯電話を新規に契約および譲渡し、EZwebサービスを申し込む場合、契約書上の親権者同意欄または親権者同意書のEZ安心アクセスサービス申込欄への適用および非適用の希望記入を必須とするもの。

 また、親権者からの「安心アクセスサービス」、「Ezweb利用制限」、「有料サイト利用制限」の各アクセス制限サービスの申し込み受付およびサービス廃止時の親権者同意書提出の対象年齢を18歳未満から20歳未満に引き上げる。

 「EZ安心アクセスサービス」はEZwebからのアクセスを、公式サイトのうち青少年向けのコンテンツのみに制限するサービスで、無料で提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社