お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT西の無線ブロードバンドルータに通信切れる不具合--対策ソフトを配布

2006/01/27 15:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は1月27日、無線ブロードバンドルータ「Web Caster WLBARGSFワイヤレスセット」に、通信が切れる不具合が見つかったと発表した。NTT西は同日より専用ウェブページで対策ソフトウェアの配布を開始した。また同ルータの購入者にダイレクトメールなどで連絡する。

 同ルータのファームウェアのバージョンが「1.10」の場合、無線LANアクセスポイントとして2〜5時間程度使用すると、まれに無線通信が切れる。

 また、無線LANのセキュリティ方式を「WPA‐PSK」に設定して使用した場合も、まれに通信ができなくなる。この不具合はファームウェアのバージョンが「1.00」でも発生する。

 いずれもファームウェアの不具合が原因という。同ルータの出荷台数は約1万7000台。これまでに37件の問い合わせを受けたとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社