お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

バンナム、カタログIPオープン化プロジェクトの企画受付を2年間延長--新タイトル追加

2016/03/17 11:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイナムコエンターテインメントは3月17日、同社の保有するゲームタイトルのIP(知的財産)を、国内のクリエイターへ開放する「カタログIPオープン化プロジェクト」について、企画受付を2年間延長し2018年3月末までとすることと、4タイトルを新規オープン化タイトルとして追加することを発表した。

 このプロジェクトは「パックマン」や「ギャラクシアン」などのカタログIPタイトルを日本国内のクリエイターへ開放し、デジタルコンテンツの領域で活用してもらうというもの。2015年4月から開始され、約1年間で318件(法人225件、学校22件、個人71件)のエントリーがあり、すでに37タイトルの配信が行われているという。

 当初は企画受付の締め切りを2016年3月末としていたが、より広く活用されることを目的として、2年間の延長と新規タイトルを追加したとしている。なお作品公開の期限に変更はなく、2020年3月末まで。

  • 公式サイトで公開された、「パックマン」のゴーストをオリジナルで作成できるウェブサービス

    (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 オープン化タイトルとして新たに追加されたのは「塊魂」(※音楽の権利を除く)、「子育てクイズ マイエンジェル」、「ことばのパズル もじぴったん」、「ミスタードリラー」の4タイトル。この4タイトルはこれまでオープン化していた17タイトルとは異なり、ゲーム内容などに特許を保有しているが、その権利も含めてオープン化する新たな試みとしている。

 なお公式サイトでは、一般ユーザー向けにカタログIP活用の参考として、「パックマン」のゴーストやステージをオリジナルで作成して共有できるウェブサービスや、ワルキューレ(声:たかはし智秋)の音声が合成できるウェブサービスも公開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社