お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

楽天とANA、ポイントかマイルが貯められる「楽天ANAマイレージクラブカード」

2016/02/16 18:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天と全日本空輸(ANA)は2月16日、クレジットカードの発行において提携し、「楽天カード」に「ANAマイレージクラブ(AMC)」機能を付帯した「楽天ANAマイレージクラブカード」の申し込みの受付と発行を開始した。

 楽天はANAの顧客であるビジネス層を、ANAは楽天の顧客である若年層を自社サービスに取り込みたい考え。楽天カードの代表取締役社長である穂坂雅之氏は、同日の記者発表会で「とにかく最初は(カード発行)枚数を獲得し、近い将来、両社でサービスを深めていきたい」とし、目標発行数については「数百万人の規模」と説明した。

両社はそれぞれ新規顧客の開拓を狙う
両社はそれぞれ新規顧客の開拓を狙う
楽天カードの代表取締役社長である穂坂雅之氏(左)、全日本空輸の常務取締役執行役員である志岐隆史氏
楽天カードの代表取締役社長である穂坂雅之氏(左)、全日本空輸の常務取締役執行役員である志岐隆史氏

 楽天ANAマイレージクラブカードは、クレジットカード決済(MasterCard、JCB、Visa)、楽天ポイントカード、AMC、電子マネー「楽天Edy」の4機能が利用可能で、クレジットカード決済により、楽天スーパーポイントまたはANAのマイルを貯めることができる。支払額に応じて、税込100円あたり1ポイント、税込200円あたり1マイルが貯まる。

 年会費は初年度が無料で、次年度以降は年1回のクレジットカード決済で年会費税込540円が無料になる。カードはデザインは、シルバーとピンクの2種類から選べる。

 両社は2004年3月から、楽天スーパーポイントとマイルの相互交換サービスの提供で提携している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社