お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

LINE、2015年通期の売上額は約1200億円--前年から4割増

2016/01/28 16:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは1月28日、2015年通期および2015年10~12月期(Q4)の業績を開示した。それによると、2015年10~12月期のLINE全体の売上額は326億円(前年同期比26%増)、2015年通期の売上額は1207億円(前年通期比40%増)となった。全体の売上額におけるサービス別割合は、コンテンツ41%、コミュニケーション24%、広告30%、その他5%だという。

LINE業績

 LINEの月間アクティブユーザー数は、グローバルで約2億1500万人、主要4カ国(日本、タイ、台湾、インドネシア)では、約1億4470万人(2015年12月末)。Q3に引き続き急速にユーザー拡大を続けるインドネシアをはじめ、主要4カ国でアクティブユーザー数が拡大したほか、中東地域でもユーザー数が拡大しているという。

 コミュニケーション分野の主軸であるスタンプでは、人気キャラクターIPを用いた公式スタンプ、ユーザーがスタンプを制作/販売できる「LINE Creators Market」を通じたクリエイターズスタンプともに国内外で売上が堅調に増加しているという。台湾、タイにおいても人気クリエイターが参加するオフラインイベントが開催されるなど、日本同様にクリエイターズスタンプが全体の売上を押し上げている。

 コンテンツサービス分野の主軸であるゲームでは、2015年Q4にグローバルで7タイトルを新たにリリース。加えて、「LINE:ディズニー ツムツム」や「LINE ポコポコ」などの既存タイトルが、特に海外で売上を伸ばした。また、注力しているミッドコアジャンルでは、新たなビジネスモデルであるマーケティングパートナーとしてセガゲームス セガネットワーク カンパニーとの協業第1弾タイトル「フォルティシア SEGA×LINE」をリリースし、順調にユーザー数を伸ばしているという。

 広告分野では、LINE公式アカウント/スポンサードスタンプ、LINE フリーコインなどの利用が進み、売上における広告売上の割合が2014年の27%から2015年は30%に高まった。日本では、2015年11月よりLINEのタイムライン機能に広告配信するテストを開始し、12月から外部企業案件によるトライアル運用を実施、好調に推移しているという。今後は、タイ、台湾、インドネシアなど他の国/地域での運用も段階的に開始するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社