お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米中間選挙:全米各地で電子投票システムにまつわるトラブルが相次ぐ

2006/11/08 18:31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間11月7日に行われた米中間選挙で、電子投票機が故障するトラブルが相次いだ。しかし、その中の何件が重大な故障だったのだろうか。

 それを述べるのは時期尚早だ。現在までに報告されているトラブルの大半は、不便さや長蛇の列といった投票に伴う困難に関するものだ(無論、票の不正にはコンピュータがない時代から行われてきた長く、嘆かわしい歴史がある)。

 しかし、1つ確かなことは、今回の選挙では、電子投票機の安全性と信頼性がこれまで以上に重要であるということだ。7日には、有権者のおよそ39%が電子投票機を使って投票したと見られる。また他の49%の有権者は、光学式スキャナ投票機を利用する見込みだ。光学式スキャナ投票機では、コンピュータを使って、(大学入試の)共通テストと同じマークシート方式で投票用紙を集計する。

 7日に全米各地で起こった主な出来事は以下の通り。

 起動不良:Salt Lake Tribune紙によると、ユタ州で電子投票機が起動しないトラブルが発生し、一部の投票所が「紙投票への逆戻り」を余儀なくされたという。具体的には、「数カ所の投票所で、開場時間の午前7時時点でまだタッチパネル式投票機の準備ができていなかった。また、タッチパネル式投票機で投票を行ったところ投票が正しく受け付けられなかったとの不満の声が一部の有権者から上がった。さらに同州では、多くの投票所で順番待ちの長蛇の列ができた」

 緊急停止:フロリダ州ブロワード郡は、2000年の大統領選挙での大失敗の後タッチパネル式投票機に変更したが、そのタッチパネル式投票機も完璧にはほど遠いことが(今回の選挙で)判明した、とMiami Herald紙が報じた。「Broward Supervisor of Electionsの広報担当、Mary Cooney氏によると、投票システム専門の技術者が、ある投票所で別の投票所用のカートリッジを使って投票機を起動してしまい・・・そのミスが原因で複数の投票機が停止してしまったという」

 バグがある「起動」カードIndianapolis Star紙は、電子投票機の起動カードが原因でバグが発生したと報じた。「MicroVote General Corpが開発した電子投票機を起動させるための青い起動カードのプログラムが間違っている。同社は、インディアナ州の47郡で、(投票機への)ソフトウェアのインストールを行った」

 正気を失った有権者:ペンシルベニア州は、試験的に投票機を電子投票機に変更した。しかしその変更が、明らかに正気を失った同州アレンタウンの1人の住人を暴挙に走らせた。Allentown Morning Call紙によると、Michael Young氏が電子投票機のスクリーンを猫の文鎮で破壊し、警察に逮捕されたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社