お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテックが2007年度決算予測を下方修正

2006/06/01 13:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは米国時間5月31日、会計方針の変更にともない、2007年3月締めの今会計年度の収支予測を下方修正した。同社は今会計年度に、GAAP(一般会計原則)ベースで51億〜53億ドルの売上高と、41〜52セントの1株当たり利益を計上する予定だとしている。Symantecは5月初め、通年の売上高が52億〜54億ドル、1株当たり利益が46〜57セントになるとの予測を示していた。

 幹部らがカリフォルニア州サンマテオで行われた金融アナリストとの会見で述べたところによると、業績予測の下方修正は、Veritas Softwareストレージ事業部門の一部売上の計上方法に起因するものだという。この変更により、通年の売上高が1億ドル減少し、これがその後の収入に繰り延べられるとSymantecは語っている。繰延収入の額は、Symantecが5月9日に行った2006会計年度の決算発表で発表された額の半分に相当する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社