お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタル製品

Nianticジョン・ハンケ氏が来場、熱狂「Splatoon シオカライブ2016」--闘会議2016

2016/02/01 13:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 niconicoが主催するイベント「闘会議2016」が1月30~31日の2日間、幕張メッセにて開催された。闘会議は、「ニコニコ超会議」のゲーム企画部分に特化し、ユーザーを主体としたゲーム実況とゲーム大会のイベント。2015年に初開催され、今回で2回目となる。

「闘会議2016」初日から大勢の“遊者”(ゆうしゃ)が集まった
初日から大勢の“遊者”(ゆうしゃ)が集まった

 会場ではテレビゲームやスマホゲームといったデジタルゲームやアナログゲーム、最新のゲームタイトルからレトロゲームまで古今東西のあらゆるゲームが用意され、純粋にゲームの魅力を体感できるゲーム総合イベントになっていた。ゲーム実況の人気プレーヤーも多数来場。また日本最大級をうたうゲーム大会「闘会議GP」では賞金制の大会も用意され、賞金と賞品の総額は1億円以上にもなるという。また来場者はさまざまな体験をすることで“遊者”(ゆうしゃ)の証である勲章が手に入る。

 場内では企画ブースや協賛各社のブースが組まれ、それぞれが思い思いにゲームやステージを楽しんでいた。Ingressのブースでは「啓示の夜のパワーキューブ」の展示のほか、ドワンゴの川上量生会長とNiantic創業者のジョン・ハンケ氏が対談する一幕も。またゲーム音楽ステージでは、特に「Splatoon」(スプラトゥーン)のキャラクター「シオカラーズ」が生バンド演奏でうたう「Splatoon シオカライブ2016」に注目が集まり、大勢のファンが詰めかけていた。

 なお、会場内にて次回開催が決定したことも発表。2月11~12日の2日間で、幕張メッセにて開催予定としている。

 「ゲーム実況ストリート」は、実際にゲーム実況を体験できるコーナー。人気実況プレーヤーも登場し、オフ会のような雰囲気にもなっていた。

 「ゲーム実況ストリート」は、実際にゲーム実況を体験できるコーナー。人気実況プレーヤーも登場し、オフ会のような雰囲気にもなっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社