営業部門を悩ませる、よくある名刺管理の課題と解決へのヒント

6つの課題を解決!

・営業部門を悩ませる、よくある名刺管理の課題と解決へのヒント
・【課題1】名刺がかさばって整理しきれない。机で山積みになっている。
・【課題2】名刺情報の管理やデータ化に手間がかかる。
・【課題3】管理する名刺の数が多過ぎて、必要な名刺が探し出せない。
・【課題4】いつもらった名刺か分からず、相手を思い出せない。
・【課題5】名刺が古くなり、連絡先が変わっていた。
・【課題6】重要な名刺情報。OCR処理では正確なデータ化に不安がある。
・まとめ

名刺は新たなビジネスへの重要な手がかりです。そして、名刺管理は営業活動において欠かすことのできない重要なインフラです。

しかし、日々の忙しさに追われている内に、机の隅や引き出しには未整理の名刺が溜まっていることが多くあり、営業にとって名刺管理は悩みの種でもあります。

名刺ファイルに収納している営業も多いと思いますが、残念ながら単なる収納では名刺を生きた情報として活用することは困難です。必要なときに情報を検索できませんし、見つけた名刺に印刷されているアドレスにメールしようと思っても、目をこらしてアドレスを手入力しなければなりません。

そこで今回は、営業を悩ませている名刺管理におけるよくある課題と、解決のポイントを解説いたします。

続きはリンク

名刺管理が営業強化と売上アップにつながる
クラウド型名刺管理・営業支援ツール「ホットプロファイル」はリンク

狙った企業に営業ができる「フォーム営業ツール」ホットアプローチとは?
リンク

▼法人営業応援マガジン『ホット』リンク
・法人営業に関する課題を抱える方向けのメディアサイト
・課題解決に役立つお役立ちホワイトペーパーが無料ダウンロード可能
・テーマごとに経営層から、営業マネジメント、現場での具体的対策まで情報を紹介

■株式会社ハンモックについて
ハンモックは、法人向けソフトウェア メーカーです。組織を強くするIT環境をすべての人へご提供するべく、法人に必要な3領域『セキュリティ、営業支援、業務効率化』でお客様課題の解決を実行しています。
・AssetView(アセットビュー):クライアントPCの運用管理とセキュリティ対策を支援
・ホットプロファイル:セールスDXを実現するクラウド型名刺管理・営業支援ツール(名刺管理×SFA×MAを統合)
・WOZE(ウォーゼ) / AnyForm OCR:さまざまな帳票の入力業務効率化を支援

代表者 : 代表取締役社長 若山 大典
設 立 : 1994年4月1日
資本金 : 3,648万円
売上高 : 36億円(2022年3月期)
従業員数(役員除く/パート含む) :223名
本社所在地 : 東京都新宿区大久保1-3-21 ルーシッドスクエア新宿イースト3F
URL : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]