KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に」を公開しました。

###

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介するのは、読者を順調に伸ばしてきたメディアサイトで、Webサイトの速度の遅さやサーバトラブルが増えてきたことをきっかけにWEXAL®を導入したという事例です。

該当のサイトではサイトの表示に体感で10秒ほどの時間が掛かっていたそうですが、最終的に2,3秒にまで改善し、そして、Google PageSpeed Insightsのスコアが40点ほど上がったと言います。

ではなぜそこまで改善することができたのでしょうか。

■メディアサイトにとってパフォーマンスの劣化は深刻な問題

サイトが成長すれば、トラフィック量が増え、データ量も蓄積されていきますので、どうしてもサーバのパフォーマンスは落ちますし、その分Webサイトの表示に時間が掛かってしまうようになります。

すでに何度かご紹介している通り、Webサイトの表示に3秒で32%、5秒で90%、6秒で106%が離脱するという結果がGoogleから公表されています。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]