logo

【佛教大学】新型コロナウイルスワクチン「職域接種」の実施を決定 --対面授業全面再開、地域自治体や医療機関の負担の軽減などに貢献--

佛教大学 2021年06月11日 20時05分
From Digital PR Platform




佛教大学(京都府京都市)は、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始する政府の方針を受けて、本学学生・教職員約6,000人を対象としたワクチンの職域接種を実施いたします。
本学の建学の理念を踏まえ、学生が一日も早く生き生きとした学生生活を送ることができるように、対面授業の全面再開を目指すとともに、保健医療技術学部を擁する大学として地域自治体や地域医療への貢献(負担軽減)を行うことで、ワクチン接種の加速化に貢献していきたいと考えています。




【開始日】 2021年7月中(接種準備が整い次第、開始予定)
【会 場】 佛教大学 紫野キャンパス(予定)
【対 象】 接種を希望する 学部生・大学院生、教職員(附属幼稚園含む)等
【規 模】 約6,000人(予定)
【ワクチン接種】 保健医療技術学部の教員(医師・看護師)、産業医が接種を担当
※このほか、接種対応の人員、体制、実施方法等詳細については検討中です。詳細が決定いたしましたら、本学ホームページ等で発表いたします。

◆佛教大学長 伊藤真宏からのメッセージ
「コロナ禍で厳しい社会情勢の中、本学においてもこの間、職域接種実施の可能性について検討を進めてきました。その結果、本学の建学の理念を踏まえ、保健医療技術学部を擁する大学として地域自治体や地域医療への貢献(負担軽減)を行うこと、早期の対面授業の全面再開、そして何よりも学生が一日も早く生き生きとした学生生活を送ることができるように、本学においても職域接種を実施することといたしました。」



▼本件に関する問い合わせ先
佛教大学 企画部 広報課
住所:〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-493-9050
FAX:075-493-9040


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]