logo

NTSB式報告書、ワシントン・カンパニーズを非難 橋の破壊

ETON Transportation 2021年05月04日 13時00分
From JCN Newswire


LAS VEGAS, NV, May 4, 2021 - ( JCN Newswire ) - ワシントン州の高速道路I-5号線に架かる地元の重要な橋にコマツ掘削機2台が衝突し、致命的な事故になりかねなかった事故について、最近、根本原因分析調査が行われました。米国連邦航空局事故調査課の元課長で、米国国家運輸安全委員会(NTSB)地域事務所の元副局長であるJeff Guzzetti氏が、2016年7月22日に発生したこの事故の詳細を検証しています。本調査の目的は、橋の破壊の根本的な原因を特定することです。

Guzzetti氏は、以前の雇用主であるNTSBによって採用されたフォレンジックスタイルの手法を、高度な専門的な誠実さと公平性をもって活用し、事故の背後にある因果関係を明らかにし、橋の破壊において最も責任のある当事者を見つけ出すことを求められました。

Guzzetti氏の報告書における「考えられる原因」から引用

「入手可能な資料を検討した結果、この事故の考えられる原因は、(1)荷送人による掘削機の不適切な積載、及び高さを超えた状態でのトラックの出発を阻止できなかったことであると判断した。原因に寄与した要因は、(2) ワシントン・カンパニーズによる適切なトレーニングとプロトコルの欠如である。」

本報告書では、その他、ワシントン州運輸局、連邦自動車運送業者安全局、及びETONがこの事故に関与した可能性のある関係者として記載されています。

掘削機2台の荷送人は、ワシントン・カンパニーズの子会社であるModern Machineryでした。Guzzetti氏が使用した資料の一部には、ワシントン・カンパニーズの従業員であるPiles氏の証言録取書が含まれています。Piles氏は宣誓の下で、問題の掘削機を輸送する際に、メーカーが要求した掘削機のバケットをカールさせる訓練を受けたことがないと証言しています。

ETONは米国ラスベガスを拠点とする大手の運送会社であり、米国西部で機械、プロのドライバー、優れたオンタイム・サービスを提供しています。

ワシントン・カンパニーズは、米国およびカナダ西部に本社を置き、国際的に事業を展開する独立した非上場企業のグループであり、その目的は、顧客がより効率的かつ収益性の高い事業を行うことを支援する機器、技術、サービス、特別な専門知識を確実に提供することです。当社の提携により、リソースを相互に接続して組み合わせることができ、高い競争力を維持することができます。また、Dennis and Phyllis Washington Foundationの助成を受けた企業の慈善活動やプログラムを通じて、各カンパニーの成功が強い社会的責任感を生み出しています。

Modern Machineryは、億万長者のDennis R.Washingtonが所有するワシントン・カンパニーズとして総称される非公開企業の大規模なコンソーシアムの一部です。Modern Machineryは、高品質な重機の販売およびレンタルを行い、建設、鉱山、林業業界に機械のサポートを提供しています。ワシントン州ロチェスターにあるModern Machineryのターミナルには、海外から持ち込まれ、コマツ販売店へ出荷待ちの各種機械の大規模なステージングエリアが集結しています。

コマツアメリカ株式会社は、建設・鉱山機械やユーティリティ(小型機械)などの製造・販売事業を展開する世界第2位の土木機械メーカーであるコマツ(OTCMKTS: KMTUY)の米国子会社です。

お問い合わせ先:
ETON.me
Mitchell Truman
+1 (702) 348 6370
リンク
Environmental Transportation of Nevada, LLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]