logo

AIは企業のDXの目標達成にどのように役立つか

野田貴子氏によるAbbyコラム「AIは企業のDXの目標達成にどのように役立つか」が日商エレクトロニクスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
最近、映画『アイアンマン』シリーズを見返した際に、トニー・スタークの人工知能コンピュータであるJ.A.R.V.I.S.にまたもや魅了されました。J.A.R.V.I.S.はどれほど膨大な情報を必要としながら、要求を満たしたり、必要性を見越したりしているのでしょうか。

この[人工知能](リンク)技術が今日の企業に導入されたとしたら、どうなるでしょうか。実際に多くの企業が、デジタルトランスフォーメーションの一環として、情報の収集とプロセスの自動化を柱に、AIを実現する技術の導入を始めています。

しかし、世の中のCIOは、AIの誇大広告のために単なるプロセスの効率化以上のことを考えています。顧客から提供されたコンテンツ、ドキュメント、コミュニケーションを、実用的なコンテキスト、関連性、関係性、データに変換することができたらどうでしょうか。成果や顧客サービスや意思決定を改善するための効果的な意思決定を行うために、「ロボット」や「ロボットプロセス」がより多くの情報を持っていたら、どれだけ賢く、より効果的になるかを考えてみましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]