logo

日本M&Aセンター、早稲田大学商学部 寄附講座 「起業家養成講座I」 開講 学生のアントレプレナーシップの育成と実践を支援

株式会社日本M&Aセンター 2021年04月07日 11時40分
From Digital PR Platform


株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓 / URL:リンク )は、2021年4月6日より、早稲田大学 商学部にて寄附講座「起業家養成講座I」を開講いたします。
本講座では、受講した学生が実際に起業をアクションプランに落とし込めるマインド・知識の習得を目指し、4月~7月の3ヵ月にわたり全15回の講座を開講します。15回の講座では、当社の代表取締役社長の三宅をはじめ、M&Aコンサルタントや弁護士、公認会計士・税理士などの専門家が講師として、テーマに合わせた講義を行う予定です。



         リンク


■寄附講座開講の背景
 戦後から高度経済成長にかけて、日本はイノベーション大国として世界を席巻していましたが、現在、世界レベルで活躍している日本企業は大幅に減少しました。日本は今、超高齢社会に突入し、日本の経営者の平均年齢は60歳を超え、経済産業省の発表によると、70歳以上の経営者が245万人、その半分の127万社が後継者未定で、10年間で60万社が黒字廃業の危機にあるという数字が出ています。そういった環境下で、当社は、イノベーション大国日本の復活には、若年層のアントレプレナーシップの醸成とチャレンジ精神にあふれた国内スタートアップ企業の台頭がカギを握ると考えています。

 本講座の開講によって、学生に対し起業家としてのマインド・知識を身につけるノウハウを提供し、アントレプレナーシップの育成と実践のインフラを醸成します。また、M&Aビジネスの最前線で活躍するコンサルタントや弁護士、公認会計士・税理士などの専門家が知識や事例を講義することで、アントレプレナーシップを持った人材の育成に貢献してまいります。
 

【株式会社日本M&Aセンター(東証一部上場:2127)】
日本M&Aセンターは、中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1で、日本最大級のM&A情報ネットワークを有しています。現在は全国7拠点に加え、海外4拠点(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)があります。会計事務所・地方銀行・メガバンク・証券会社との連携も深めており、より身近な事業承継やM&Aに関する相談機会の創出を加速させています。また2019年7月、上場支援業務(J-Adviser業務)を新サービスとして立ち上げ、地域のスター企業の輩出をお手伝いできる体制を整えました。これらのサービスを通じて、地方経済活性化や雇用創出に貢献し、真の地方創生実現に向けて活動しています。 地方創生への貢献活動として、2020年より、J3リーグ「FC今治」をパートナーとして支援しています。

■会社名:   株式会社日本M&Aセンター
■本社所在地: 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉃鋼ビルディング 24階
■事業内容:  M&A支援、上場支援
■設立:    1991年4月
■拠点:    東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、
        シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]