logo

ティファニーのスタージュエリーデザイナーで慈善家のエルサ・ペレッティがスペインで死去

Elsa Peretti Holding AG 2021年03月23日 10時21分
From Digital PR Platform


チューリッヒ - News aktuell - 2021年3月23日 - 先日、事件や事故の可能性はないとされ、エルサ・ペレッティの死亡が発表されました。この非常に悲しい発表は、チューリッヒにある家族事務所、およびナンド・アンド・エルサ・ペレッティ財団 (Nando and Elsa Peretti Foundation) によって行われました。アメリカの高級ジュエリーティファニーの作品を手がけた有名なデザイナーであるエルサはスペインのバルセロナに近い村で80歳で亡くなりました。エルサの功績は、一連の卓越したデザインと、人道、環境、保護に専念することを基盤としています。真の世界市民であるエルサを失ったことは、積極的かつ創造的な影響を残したすべての世界で強く惜しまれます。

先駆的なデザイナー

エルサ・ペレッティはフィレンツェで生まれ、ローマとスイスで教育を受けました。エルサは後にローマに戻り、インテリアデザインの学位を取得しました。1969年までに、ニューヨークとバルセロナでファッションモデルとしての地位を確立し、独自のジュエリーのデザインも始めました。

アメリカのファッションデザイナー、ジョルジオ・ディ・サンタンジェロは、エルサの作品を数点、ファッションショーで使用し、それらは瞬く間にヒットしました。翌日には、エルサはニューヨークで賞賛の的となりました。エルサが生涯の友人となるホルストンと出会ったのはこの頃です。ホルストンは伝説的な米国のファッションデザイナーであり、70年代のアイコンでした。二人は頻繁にコラボレーションしました。1974年、ホルストンは米国の宝石商であるティファニーにエルサを紹介しました。ティファニーはエルサとの独占的なコラボレーションにより急速に有名となりました。

エルサは、しばしば日用品からインスピレーションを得ていました。豆、骨、リンゴはカフスボタン、ブレスレット、花瓶、ライターに変身し、サソリとヘビは魅力的なネックレスと指輪に変わりました。「良いスタイルと形は時代を超越しているので、新しいデザインというものは存在しません」とエルサ自身が述べるように、実際、彼女の作品は今までと同じようにモダンでウェアラブルです。

エルサ・ペレッティのデザインは、イギリスのロンドンにある大英博物館、ニューヨーク市のメトロポリタン美術館、マサチューセッツ州ボストン美術館、テキサス州ヒューストン美術館の常設コレクションに展示されています。エルサの功績を称え、ティファニーはファッション工科大学(FIT)でジュエリーデザインの「エルサ・ペレッティ プロフェッサーシップ」を設立しました。これはFITの歴史上、最初の寄付基金教授職です。数々の名誉に加え、エルサは2001年にFITから名誉美術博士号を授与されました。また、1971年のコティ・アメリカ・ファッション批評家賞のジュエリー賞とロードアイランド・スクール・オブ・デザインのプレジデントフェロー賞を1981年に受賞しました。1996年に、アメリカファッションデザイナー協議会はエルサをアクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤーに指名しました。

慈善活動

エルサ・ペレッティは、機知に富んだ魅力、おおらかな人柄、優しく広い心の持ち主でした。文化的、科学的、教育的イニシアチブを呼びかけ、支援するとともに、人権の擁護に取り組む深い人道主義でした。2000年、自身の父親に敬意を表し、ナンド・アンド・エルサ・ペレッティ財団を設立しました。財団は、教育を受ける権利、子どもの権利、女性の権利と尊厳に特に重点を置いて、人権と公民権を促進するための幅広いプロジェクトを支援しています。提案は国際的に求められており、財団は、国際的代表を持たない人々や抑圧されたマイノリティを代表するイニシアチブを含め、生存権を擁護し、文化を維持するための世界中からの要請を支援してきました。また、身体的および精神的健康を促進するための医学的および科学的研究プロジェクト、ならびに病院やその他の衛生施設の建設を含む特定の介入を支援しています。野生生物の保護と環境保護のための市民意識向上キャンペーンに資金を提供し、文化と芸術を促進しています。ナンド・アンド・エルサ・ペレッティ財団は、80か国以上で1,000以上の非営利プロジェクトに資金を提供し、総投資額は5,600万ユーロを超えています。


サンマルティベル、カタロニアの避難所

エルサの心は、カタルーニャにあるサンマルティベルの小さな村に寄り添っています。1968年、その地でマスタードイエローの家を購入しました。この家は10年の歳月を愛情を込めて修復し、過去数年間の好みの住居でした。エルサは海外に住んでいる間、村全体を修復し、教会を含むさらなる建物を購入して維持し、ローマ時代の遺跡の発掘と村の歴史のアーカイブを支援しました。また、2008年からEccociviラベルとして上質なワインを販売するブドウ園を設立しました。
エルサは、ビジュアルアーツを推進し、カタルーニャの歴史的、芸術的、文化的、建築的、工芸的遺産の統合、保護、普及を促進しました。2013年、エルサ・ペレッティは、カタルーニャ人以外 として初めて、国立文化芸術評議会(CoNCA) から国立文化賞を受賞しました。

エルサ・ペレッティは次のように語られています。

20世紀で最も偉大なジュエリーデザイナーの1人であり、商業的成功の枠を超えてデザインを発展しました。エルサはブランド全体の光です。」- ティファニー元会長兼最高経営責任者、マイケル・コワルスキー。

「エルサはこれらすべてを生み出したのよ。最も印象的なのは骨のブレスレット。すべてがとても官能的で、本当にセクシーなの。すごく素晴らしいの。今までに見たことがないような作品よ。多くのジュエリーを見てきたけどね。それからは、シンプルに#ペレッティジュエリーを身に着けているだけよ。」ライザ・ミネリがエルサについて語る、バニティフェア、2014年8月。

「エルサが物を見ている時は、ただ単に見るだけじゃないんだ。触ってみたり、ひっくり返したり、後ろ側、前面、横側を見るんだ。エルサは物の本質を見抜き、しっかりと受け止めるんだ。」と、ヒロは言います。

「エルサは稀に見る、最もユニークで、最も素晴らしく、最もシックな女性だったよ。彼女の男性用帽子とその素晴らしい歩き方も含めてね。」エルサと働くジョー・ユーラ、ヴォーグ・イタリア、1996年。

「エルサとは1つの固定文化ではなく、すべてがブレンドされているんだよ。アメリカでも、ヨーロッパでも、日本でもない、エルサという文化だ」1999年「エルサ・ペレッティ25年回顧展」のエルサと働くヒロ。

「エルサの作品は、当社の哲学の中心であり、優れたデザインはファッションを超越するという事実を継続的に証明しています。20世紀で最も偉大なジュエリーデザイナーの1人であり、商業的成功の枠を超えてデザインを発展しました。エルサはブランド全体の光です」「彼女の作品には、独特の本能的な元素的魅力があります。エルサはデザインの天才です」マイケル・コワルスキー、ティファニー元最高経営責任者 (CEO)

「日本では、並外れた才能を持つ個人に名誉が与えられます。ここがもし日本、また世界中であれば、エルサ・ペレッティはこの名誉を受け取っているでしょう。エルサは国際的な人間国宝と見なされるでしょう。私はエルサの持つ才能に圧倒されています。シンプルさ、優しさ、そして驚くべきビジョンによってさらに個性的にシックで、類まれな作品を生み出せるのです。エルサは、残された人々のために新しい美の概念を作り出した女性です。」ラルフ・ルッチ、ファッションデザイナー、ランプーンマガジン、マッジョ 2020。

「エルサは、デザインの焦点に新しい強さ、新しいコミットメント、新しい情熱をもたらしました」マイクコワルスキー、「エルサ・ペレッティ25年回顧展」1999年より。

「エルサは誰かの靴にも目を留めるの。他の人なら気が付かない何かを、エルサは部屋の隅で見つけるのよ。そして、注目してこう言うの。「何て美しいの。ほら見て」彼女は見えないものを見せてくれるのよ。」リズ・フランチェスキーニ、「エルサ・ペレッティ25年回顧展」1999年より。

「ティファニーの全員がエルサに深い忠誠心を持ち、彼女は必ずその思いに応えてくれるの。」ウィリアム・チャニー、「エルサ・ペレッティ25年回顧展」1999年より。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]