logo

トヨタ名古屋自動車大学校×JAFで初開催!女性ショールームスタッフ科の学生向けチャイルドシート講習

一般社団法人日本自動車連盟 2021年03月04日 13時30分
From 共同通信PRワイヤー

2021年3月4日

日本自動車連盟(JAF)愛知支部

トヨタ名古屋自動車大学校×JAFで初開催!女性ショールームスタッフ科の学生向けチャイルドシート講習を開催します

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は3月9日(火)に、トヨタ名古屋自動車大学校(清須市春日一番割 校長 川口浩二)で、女性ショールームスタッフ科の学生向けの「ショールームスタッフ向けチャイルドシート講習」を初開催します。

ドライバーが6歳未満の子どもを車に乗せるときにはチャイルドシートを使うことが義務付けられており、JAFでは車内の子どもの安全を確保するため、チャイルドシートを必ず使用することを呼びかけています。しかし、JAFと警察庁の合同調査によると、チャイルドシートを使っている人は70.5%しかいません。その上、使っていても取り付け不具合は6割以上。座らせ方の不具合はおよそ5割もあります。

今回の講習は、将来ショールームスタッフとしてユーザーと接点が多くなる女性ショールームスタッフ科の学生にチャイルドシートの正しい取り付け方法などの知識を身に付けていただき、車の購入時や点検の際、ユーザーへ安心・安全のアドバイスができるスタッフを育て、社会全体の交通安全につなげることが目的です。

参考「2019年 JAF・警察庁 チャイルドシート使用状況全国調査」
リンク
※2020年は新型コロナウイルス感染症のため調査実施なし

「ショールームスタッフ向けチャイルドシート講習」開催概要
【日時】
2021年3月9日(火)13:20~15:10(予定)
【会場】
トヨタ名古屋自動車大学校 教室・実習室(愛知県清須市春日一番割1番地)
【内容】
・チャイルドシートの取り付け実習
・法関連基礎知識と分類
・国際基準や安全に関する学習
【受講者】
女性ショールームスタッフ科20名(2021年3月卒業予定)
※女性ショールームスタッフ科では、高度なお客様応対スキルと社会人に必要な教養や、クルマの専門知識として国家3級自動車整備士資格のほか、介助専門士や秘書検定など幅広い資格取得を目指しています。卒業生は、全国各地のトヨタ系自動車販売会社で活躍しています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]