logo

第1回Python3データ分析模擬試験【第12問】解説

プライム・ストラテジー株式会社は「第1回Python3データ分析模擬試験【第12問】解説」を公開しました。

###

本問題では「数学の基礎・確率と統計」のうち「確率統計、基本統計量、分散、確率密度関数・確率質量関数」について学びます。

■問題

確率と統計に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

① 5段階評価のアンケートの回答で、もっとも回答者数が多かった評価が4であった場合、このアンケートの中央値は4であるといえる。

② 分散は、すべてのデータの平均値からの差分をデータの個数で割った値である。

③ 12面体のサイコロを1回振った場合の期待値は6である。

④ 6面体のサイコロを1回振った場合、その出目の数自体は不明なものの、奇数がでていることを教えられたとする。この場合の確率を条件付き確率と呼び、これはベイズの定理の基本となっている。

⑤ 確率変数を引数にとって値を返す関数のうち、確率変数が離散的な場合を確率密度関数、確率変数が連続的な場合を確率質量関数という。標準正規分布などの確率分布は確率質量関数から得ることができる。

解説と回答は以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]