logo

第1回Python3データ分析模擬試験【第11問】解説

プライム・ストラテジー株式会社は「第1回Python3データ分析模擬試験【第11問】解説」を公開しました。

###

本問題では「数学の基礎・基礎解析」のうち「微分積分」について学びます。

■問題
右辺が6x^2(6掛けるxの二乗)で表現される関数をf(x)とする。微分積分に関する以下の記述のうち誤っているものはどれか。

① 関数f(x)を微分すると、右辺は12xとなる。

② 関数f(x)を積分すると、右辺は3x^3となる。

③ 積分の範囲が決められていないものを不定積分、範囲が決められているものを定積分という。

④ 微分は傾き、積分は面積と捉えることができる。データ分析や機械学習において、関数の傾きが0となる点は有益な情報として利用される。

⑤ 多変数関数の微分を偏微分という。偏微分の場合、変数が複数あるので、どの変数で微分したのかを示すことが必要となる。

解説と回答は以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]