logo

Artprice by Artmarket.com:ニューヨーク、2020年オークション収益は41%減少するも、2021年1月には自信を回復

Artmarket.com 2021年01月14日 11時22分
From 共同通信PRワイヤー

AsiaNet 87581

Artprice by Artmarket.com:ニューヨーク、2020年オークション収益は41%減少するも、2021年1月には自信を回復

パリ、2021年1月12日/PRニュースワイヤー/ --

2020年、世界の主要美術品市場は新型コロナウイルスの世界的大流行の主要被災地となり、ニューヨーク市で入念に計画されたオークションのスケジュールは、完全に混乱させられました。5月の販売中止による収益悪化を受けて、大手オークションハウスはオンライン販売へと切り替えましたが、高級品市場は年後半に入っても収益改善に悪戦苦闘していました。

ニューヨーク市の月別美術品オークションの売上高(2019年 対 2020年)

Artmarket.comのプレジデントであり、同社およびそのArtprice部門の創立者でもあるThierry Ehrmannは次のように述べています。「100%オンライン販売のブームにより、ニューヨークのような高額な都市の中心部にオークションルームやオフィスを維持する必然性が揺らぎつつあります。マンハッタンの魅力は依然として強力であり、2020年にも見られた、名だたる販売の成功には確実に貢献しています。しかし、他のアート市場についてはどうでしょうか?都市中心部の会場が費用面で釣り合うでしょうか?」

5月には98%のマイナス

2019年5月、ニューヨークは、美術品オークションで22億ドルを叩き出しました。これには、特に5月13日から5月16日までに5,000万ドルを超えて落札された次の8つの美術品が大きく貢献しています。Monet(1億1,000万ドル)、Koons(9,100万ドル)、Rauschenberg(8,800万ドル)、Cezanne(5,900万ドル)、Picasso(5,500万ドル)、Warhol(5,300万ドル)、Bacon(5,000万ドル)、Rothko(5,000万ドル)。19世紀末から戦後にかけて制作されたこれらの傑作の多様性は、美術品市場としてのニューヨークの魅力を証明するものです。

一方、2020年5月のオークション(オンラインでのみ開催)の総額はマンハッタンでわずか3,900万ドル、つまり前年5月の総額のわずか2%に過ぎませんでした。Artpriceのデータによると、この総額は、平均価格28,000ドルで販売された1,400点の美術品により生み出されたものです。

夏季を通じて回復へ

2020年6月末になり、高級品市場の停滞がようやく終わりを迎えたように見えました。ニューヨーク市場はすぐに、Francis Baconの《Inspired by the Oresteia of Aeschylus》(1981年)で、その年に5,000万ドルを超える西欧で唯一の結果を記録しました。

2020年前期にニューヨークで開催されたアートの売上高は、前年同期比54%減で終了しました。この大幅な赤字分は、大手競売会社が10月に多数の有名オークションの開催を決定したことで一部相殺されましたが、それは11月に予定されていた名だたる販売の一部を前倒ししたことによるものでした。

信頼回復

幸いなことに、見通しはポジティブであり、国際的な水準でアート市場は徐々に自信を回復しています。ArtpriceのAMCI(アート市場信頼感指標)は、11月および12月を通して上昇しました。2021年に入る頃には、アート市場の専門家の3分の2が新作の購入を「強い意思」であると公言したほどです。

2021年1月28日にニューヨークのサザビーズで開催されるBotticelliの傑作は、世界中の主要な美術品バイヤーや愛好家の注目を集めていることは間違いありません。

イメージ:(リンク

Copyright 1987-2021 Thierry Ehrmann www.artprice.com リンク - www.artmarket.com リンク

・統計と個別調査に関するご要望については、エコノメトリクス部門までお問い合わせください:econometrics@artprice.com mailto:econometrics@artprice.com

・弊社サービスを試す (無料デモ):リンク
・弊社サービスの購読登録: リンク

Artmarket について:

Artmarket.com は、Euronext Paris、SRD long onlyおよびEuroclearによってEurolistに記載されています。7478 - ブルームバーグ:PRC - ロイター:ARTF

動画でArtmarketとArtpriceを見るリンク

Artmarketとその部門であるArtpriceは、1997年にCEO Thierry Ehrmannによって創立されました。Artmarketとその部門であるArtpriceは、1987年創立のServeurグループの管理下に置かれています。

Who's who (c)内の公式バイオグラフィーを見る:
リンク

Artmarketはアート市場におけるグローバルプレイヤーです。Artpriceをはじめとするさまざまな部門を通じて、歴史的データと現在のアート市場の情報を収集、管理、活用する世界的リーダーとして、3,000万件以上のアート指標とオークション結果、74万4,000人以上のアーティストをカバーしたデータバンクを有します。

Artprice Images(R)は、世界最大のアート市場イメージバンクのデータベース無制限アクセスを提供しています。このデータベースには、1700年代から今日までのアート作品の1億8千万を数えるデジタル写真とエッチング画像が、美術史家のコメント付きで収められています。

ArtmarketはArtpriceとともに6,300にのぼるオークションハウスからの情報をたえず収集し、主要なプレス、メディアエージェントに向けてアート市場のキー情報を提供しています(出版数7,200)。450万人のログインメンバーが、メンバーの投稿する広告へのアクセスを有し、リーダー的なGlobal Standardized Marketplace(R)を代表するネットワークとして、固定ないしは入札価格でのアート作品の売買を取り扱います(オークションはフランス商法の L 321.3条における第2、3段落の定めによって規定されています)。

ArtmarketはArtpriceを含めて、BPI(国立投資銀行)から「イノベーティブ企業ラベル」国立認定を受け、2018年11月から2回目となる3年間の国立支援を獲得しています。これに力を得て、アート市場におけるグローバルプレイヤーとしてのポジション強化プロジェクトに取り組んでいきます。

Artprice by Artmarketによる2019年度グローバルアート市場報告書は、2020年2月に発表されています:
リンク

Artmarket と Artprice によるプレスリリースのインデックス:
リンク

フェイスブックとツイッターで、ArtmarketとArtpriceによるアート市場のニュースをリアルタイムでフォローしてください:
リンク (フォロワー数490万人)
リンク
リンク

ArtmarketとArtprice部門の仕事や世界観をみる リンク 有名なOrgane Contemporary Art Museumに本社を置く “The Abode of Chaos” (The New York Timesより) リンク

L'Obs - 将来の美術館:リンク

リンク
(フォロワー数450万人)

リンク

Artmarket.com&Artprice連絡先:ir@artmarket.com mailto:ir@artmarket.com

Infographic - リンク
Logo - リンク

 
(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]