logo

ソニー教育財団 2020 年度「教育・保育実践論文」入選校・入選園発表

公益財団法人 ソニー教育財団 2021年01月14日 10時10分
From Digital PR Platform


リンク  リンク

ソニー教育財団(会長:盛田 昌夫)は、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育・保育実践論文を募集し、特に優れた取り組みに、教育助成金とソニー製品を贈呈しています。

今年度は、感染症対策の徹底など、教育・保育現場は過去に例を見ない状況下でしたが、そのような中でも、子どもたちのために授業・保育実践の研究を続ける熱意ある先生方から、たくさんのご応募をいただきました(小・中学校より177件、幼稚園・保育所・認定こども園より136件、合計313件)。書類審査に加え、毎年実施していた現地調査に代わる「オンラインインタビューと授業・保育実践を記録したビデオによる最終審査」を実施し、下記の通り入選校・入選園が決定いたしました。

ソニー創業者の井深大は戦後間もない頃に「日本の発展には子どもたちの科学教育こそ重要」だと考え、ソニーの事業がようやく軌道に乗りだした1959年に、小学校への教育助成活動を始めました。ソニー教育財団はその信念に基づき、よりよい教育の実践に真摯に取り組み、さまざまな課題を教育を通じて解決しようと新たなチャレンジを続ける全国の先生方を支援してまいります。

========================
■■ソニー子ども科学教育プログラム(小学校・中学校対象)■■
テーマ:「科学が好きな子どもを育てる」教育実践と計画、審査委員長:御手洗康 元文部科学事務次官
最優秀校(2 校):教育助成金300 万円とソニー製品(※)

●千葉大学教育学部附属小学校(千葉県)
「科学が好きな子どもの育成」

●旭市立干潟中学校(千葉県)※写真左
「科学が好きな子どもを育てる『原点とは何か?』」

・優秀校(12校):教育助成金50 万円とソニー製品(※)
・奨励校(74校):教育助成金10 万円とソニー製デジタルスチルカメラ

========================
■■ソニー幼児教育支援プログラム (幼稚園・保育所・認定こども園対象)■■
テーマ:「科学する心を育てる」幼児教育実践と方向性 審査委員長:小泉英明 (株)日立製作所 名誉フェロー
最優秀園(2 園):教育助成金200 万円とソニー製品(※)

●学校法人仙台みどり学園 やかまし村(宮城県)
「身近な生き物との日々の出会いの中で紡ぎだされる科学する心の芽生えとは」

●世田谷区立希望丘保育園(東京都)※写真右
「虫のようにしなやかに野草のようにたくましい心を育てる」

・審査委員特別賞(1 園)優秀園(7 園):教育助成金20 万円とソニー製品(※)
・優良園(13 園):教育助成金20 万円とソニー製品(※)
・奨励園(47 園):教育助成金5 万円とソニー製CD ラジカセ
========================
※ソニー製品は、「4K液晶テレビ」、「データプロジェクター」、「4Kビデオカメラ」、「デジタルスチルカメラ」、「KOOV(2セット)」、「MESH(7タグを3セット)」から1つをお選びいただきます。また、ご応募いただいたすべての学校・園に「デジタルスチルカメラ」「CDラジオ(Bluetooth対応)」などからご希望のソニー製品を1台贈呈しています。

入選した学校名・園名は、ソニー教育財団のウェブサイトをご覧ください。
ソニー教育財団ホームページ「論文募集(教育助成)」 :リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]