logo

【美容センサス2020年下期】≪美容意識・購買行動≫

女性のメイクの頻度や時間は、新型コロナウイルス感染症拡大後に「減った」が43.5%。メイクで気にしているのは「目元」・「マスク」・「カメラ映り」。男性はメイクアップアイテム全てで購入率が昨年を上回る



[画像: リンク ]


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)の美容に関する調査研究機関「ホットペッパービューティーアカデミー」(リンク)は、全国の人口20万人以上の都市居住者のうち、15~69歳の男女1万3,200人を対象に、美容意識と購買行動の利用に関する実態調査を実施しました。その結果をご報告いたします。


調査トピックス

【悩みを感じるパーツ】
・女性の悩みを感じるパーツは、「顔のシミ・シワ・ホウレイ線」が4年連続1位
「白髪」は2017年から順位が上昇傾向
・男性の悩みを感じるパーツは、「薄毛・抜け毛」が4年連続1位


【メイクアップアイテム購入率】
・女性全体のメイクアップアイテム購入率は、前年と比較して全アイテムで減少
最も減少幅が大きいのは「口紅・グロス」、次いで「チーク」「ファンデーション」
・男性全体のメイクアップアイテムの購入率は、全てのアイテムで前年を上回る
特に20代男性の「下地」「コンシーラー」の購入率が前年から大幅増加


【コロナ前後※のメイク・スキンケアの頻度や時間の変化】
・女性のメイクの頻度や時間は、コロナ後に「減った」が43.5%で最も高い
理由の1位は「マスクで顔が隠れるようになったから」(66.0%)
・コロナ後のメイクで気をつけていることは、メイクの頻度や時間の変化に関わらず「目元」・
「マスクが汚れないようにする」・「カメラ映りが良くなるように」などのコメント・意見が
多数


コロナ後のメイクで気をつけていること(女性全体・自由回答 抜粋)
▼マスク着用時のメイク
「目元だけ」(20代/正社員)「マスクが汚れないようにファンデーションを塗らなくなった」(40代/パート・アルバイト)「眉メイクを丁寧にする」(30代/正社員)
▼Web会議やオンライン飲み会のためのメイク
「ポイントメイクをきもち華やかにする」(30代/正社員)
「カメラ映りが少しでも良くなるよう濃いめのメイクをする」(10代/学生)


【コロナ前後のサロン利用・継続状況/継続理由】
・「コロナ後」のサロン・施設利用者のうち、「コロナ前」と同じサロン・施設を利用している人
の割合は男性が約7割~8割超、女性は8割前後。継続の理由で最も多いのは「施術者・スタッフ
を信頼しているから」


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート調査 /調査時期:2020年8月14日(金)~ 8月21日(金)/調査対象:全国、人口20万人以上の都市に居住する15~69歳の男女/サンプル数:男女各6,600サンプル(人口20万人以上の都市の人口比率によってエリアごとの割付数を決定、男女それぞれ年齢5歳刻みで均等割り付け)


詳細は下記リンクよりPDFをご覧ください
リンク


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]