logo

横浜美術大学が群馬県にある道の駅「たくみの里」と産学連携プロジェクトを展開 -- 製品開発やイベントなどに美術とデザインの力で取り組む

横浜美術大学 2020年11月30日 20時05分
From Digital PR Platform




横浜美術大学(横浜市青葉区)と道の駅「たくみの里」(群馬県利根郡みなかみ町)を運営する一般財団法人みなかみ農村公園公社は、2019年に包括連携協定を締結。これまでに、各種デザインや製品開発、イベントなどに共同で取り組んできた。両者は今後も積極的に産学連携を推進していく。




 同大はみなかみ農村公園公社と2019年に包括連携協定を締結。産学連携プロジェクトとして、道の駅のインテリアデザインやエクステリアデザイン、集落内にある「たくみの家」の製品開発、コロナ禍の緊急対応としてのチラシデザインやパッケージデザインなどを行ってきた。今後も製品開発やイベントなど、さまざまな産学連携プロジェクトを予定している。


 美術とデザインの力によって、地域が抱える多様な問題の解決を手助けすることは、横浜美術大学および同大の学生にとって、学びと社会接続の貴重な機会となっている。
 同大では、産学連携を社会との接続と社会貢献、美術とデザインの学びの実践の場として捉え、今後も積極的に取り組んでいく。


○横浜美術大学
 リンク


○道の駅「たくみの里」
 リンク


(関連記事)
・産学連携プロジェクトで深まるデザインの学び -- 横浜美術大学(2020.02.04)
 リンク


▼本件に関する問い合わせ先
広報
服部 幸子
住所:神奈川県横浜市青葉区鴨志田町1204
TEL:045-963-4066
FAX:045-961-7371
メール:hattori@yokohama-art.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]