logo

ソニーの「First Flight」で、国産ドローン「AEROBO(エアロボ)」の導入法人パートナー募集

~空飛ぶロボットと、空から社会を支えていく~



[画像1: リンク ]

ソニーは、 スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(以下、SSAP)」によるスタートアップ支援サービスの一環として、エアロセンス株式会社(以下、エアロセンス)の国産ドローン「AEROBO(エアロボ)」の導入法人パートナー募集を、11月10日(火)より当社のクラウドファンディングサイト「First Flight」にて開始します。
リンク

AEROBOは、3つのラインナップがあり、多岐にわたるソリューションに向けた自動飛行、有線給電による長時間連続飛行、最高時速100km、最大飛行距離50kmでの自動飛行など、それぞれの特長を活かし空から社会を支えていくことができます。
リンク

■AEROBO:3つのラインナップ
1.AEROBO(エアロボ)AS-MC03-T/汎用型ドローン
物資輸送・点検・災害調査など多岐にわたるソリューションに向けた自動飛行型ドローンです。可搬重量3kg、防水防塵(IP43)を実現し、様々な用途で活躍します。
募集パートナー:ドローンスクール運営会社、インフラ点検会社等
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]


2.AEROBO onAir(エアロボオンエア)AS-MC03-W2/有線給電伝送ドローン
有線給電により長時間連続飛行し、光ファイバー経由で低遅延非圧縮の 4K 映像中継を実現する国産ドローンです。30倍ズームしても映像はスムーズで、カメラも含めて防水防塵。有線制御なので無線の外乱の心配もありません。
募集パートナー:放送局、警備会社等
[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]


3.AEROBO wing(エアロボウイング)AS-VT01/全自動垂直離着陸型固定翼ドローン
垂直離着陸なので場所を選ばず、最高時速100km、最大飛行距離50kmで自動飛行できる特長を生かし、衛星写真よりもタイムリーかつ高精度に、セスナやヘリよりも手軽に、広範囲な写真測量・精密農業・点検・調査を実現し、山間部や離島間における物流の効率化、さらには防災や災害調査、緊急搬送などにも貢献していきます。
募集パートナー:航空測量会社、インフラ点検会社等
[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


■導入法人パートナーを募集中です!
自律飛行型ドローンは、測量・点検・物資輸送・災害調査・捜索など、今後さまざまな利活用が想定されます。エアロセンスの空飛ぶロボットと共に、空から社会を支えてくださるパートナーを募集しています。下記ページよりご応募お待ちしております。
リンク

エアロセンス株式会社について(所在地:東京都文京区、代表取締役:佐部 浩太郎)
最先端のドローン、AI、クラウドで変革をもたらし、現実世界の様々な作業を自動化していくことで、社会に貢献しています。
リンク
※AEROBO(R)(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

※報道関係からのお問い合わせ先
ソニー株式会社広報代理 株式会社プラップジャパン
E-Mail: Sony.News_Info@prap.co.jp

関連URL
・Sony Startup Acceleration Program(SSAP)
リンク
・公式Facebook
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]