logo

従業員の健康管理と勤怠管理を同時に実現 セイコーの体温測定機能付き勤怠管理端末 新発売 -企業の新型コロナ感染防止対策を支援-



セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、クラウド対応ICカードリーダー端末「ESTEN(エステン) 勤怠エディション」をベースに、出勤打刻と同時に体温測定が可能な体温測定機能付き勤怠管理端末「ESTEN TE-C800T」を開発し、9月7日より販売開始します。

昨今のコロナ禍において、事業を継続していく上で従業員の体温管理は必需対策となっています。クラスター発生を防止するために発熱者を入場させたくないという要望や、万が一の場合に備えて従業員のID番号と体温を紐付けて管理しトレーサビリティーを確保したいというニーズが増加しています。
こうしたニーズに応えるため、体温測定機能付き勤怠管理端末「ESTEN TE-C800T」は勤怠データと同時に体温の測定結果をサーバーに送信する機能を備えました。センサーにより一定の距離に近づくと自動で体温を測定します。測定した体温データはID番号に紐付き客観的な記録として継続的に残すことができます。また、体温データの記録を自動化することにより、測定を忘れてしまったり、紙にわざわざ記入したりするといった煩わしさから解放されます。

「ESTEN」は、30年以上にわたりシステムタイムレコーダーを製造・販売してきたセイコーが、培ってきたノウハウやニーズを基に開発したICカードリーダー端末です。従来の「ESTEN 勤怠エディション」は、勤怠管理用端末として、病院、ホテル、学校、製造業など、さまざまな業種に多くの導入実績があります。今回販売を開始する「ESTEN TE-C800T」では、出勤打刻時に体温測定を同時に行うことにより、体温異常者がいた場合、即座に管理部門に連絡を取る適切な対応が可能になります。

セイコーソリューションズは、勤怠との統合クラウド管理を実現し、ニューノーマルとしての働き方改革に最適なソリューションでお客さまの課題解決に貢献します。

【構成例】




【体温測定機能付き勤怠管理端末 ESTEN TE-C800T 概要】
■販売開始:2020年9月7日
■販売形態:サブスクリプション方式
■主な特長:
・IDに紐付けて記録
  勤怠データ連動で手軽&継続的に記録し、信頼性を確保
・トレーサビリティーの確保
  万が一の場合にも、記録を残すことで迅速な対応が可能
・客観的なデータの収集
  手書き記入と違い、打刻時に機械計測したデータを確実に記録

※本製品は体表面温度を測定する機器です。医療機器ではありません。
※画面はハメコミ合成です。
※ESTEN(エステン)はセイコーホールディングス株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 デジタルトランスフォーメーション本部 タイムレコーダー部
 担当:古川  tel:043-350-1814  e-mail:support@seiko-sol.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]