logo

VMware 海外動向 > 第57回 vSphere 7 ~API、Code Capture、Developer Center~

CTC教育サービスはコラム「VMware 海外動向 > 第57回 vSphere 7 ~API、Code Capture、Developer Center~」を公開しました。

###

VMware vSphere 7はリリース以来、非常に人気が高く、仮想インフラに多くの機能強化や新機能をもたらしました(このブログでは、その更新内容をを多数取り上げています!)。vSphere API、Code Capture、vSphere Developer Centerは機能が強化され、環境の自動化を考えている方々のために、これらの使いやすいツールがさらに強力なものとなりました。この記事では、これら3つの機能すべてをご紹介したいと思います。

まず、Developer Centerは、開発者やvSphere管理者のための単一のエントリーポイントであり、APIの管理やテスト、そしてvSphere Clientのアクションを利用可能なコードスニペットに取り込むためのツールを提供します。vSphere Clientの開発者センターでは、vSphere6.7と同じようにAPI ExplorerとCode Captureが表示されますが、これらの昨日も強化されています。まず最初に注目すべき点は、更新されたOverviewページで、以前のバージョンのvSphereよりもDeveloper Centerについて詳細に説明され、その機能が強調されていることです。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]