logo

フォークリフトの常識が変わる!?家庭用コンセントに変身! 「フォークDE 電力変換器100V」を開発

株式会社エム・デー・エス 2020年08月21日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

~BCP・DCP対策商品として展開~

2020年8月21日
株式会社エム・デー・エス
リンク

 
【画像:リンク
株式会社エム・デー・エス(本社:大阪府大阪市平野区、代表取締役:三星 勝、以下 本社)は、災害や緊急時の電源確保で活用できる「フォークDE 電力変換器100V」を開発いたしました。

「フォークDE 電力変換器100V」は、リーチ式およびカウンター式のフォークリフトに対応しており、AC100Vコンセントを標準搭載。トランク式のため持ち運びが可能なのが特徴です。

当社はこれまでトナーカートリッジのリユース(詰替・修理)、電子部品の加工等の事業の開発を主に行ってきましたが、近年の災害増加に伴う非常用電源確保の重要性の高まりを受け、倉庫・工場で日常使用しているフォークリフトのバッテリーを活用し、非常時に必要な電源を確保できる変換器を開発いたしました。

フォークリフトを所有しているお客様から「蓄電池の購入を考えているが、価格面で悩んでいる」とのお声を頂戴し、フォークリフト本体のバッテリーを有効活用する方法は無いかと開発に着手。この度の商品発売となりました。
【画像:リンク
★フォークDE電力変換器100V 特設サイトはこちら リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]