logo

デュアルモノーラル、完全バランス入出力回路構成のフォノイコライザーアンプ『PE-505』新発売

ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、MCカートリッジのバランス入力に対応した、デュアルモノ―ラル・完全バランス入出力回路構成のフォノイコライザーアンプ『PE-505』を販売開始いたします。



[画像1: リンク ]



[表: リンク ]



『PE-505』は、MCカートリッジのバランス入力に対応した、デュアルモノ―ラル・完全バランス入出力回路構成のフォノイコライザーアンプです。

ありのままを録音し、ありのままに再生する。記録と再生にこだわるティアックのオーディオ技術の粋を集めて開発されたPE-505は、レコード製作者の意図を正確に再現するために、レコード針の微小な信号を、音質を損なうこと無く増幅し、正確なRIAAフォノイコライザーにより、盤面に刻まれる前の原音にいかに近づけるかを追求した製品です。

高精度のRIAA補正回路の他、DECCA、COLUMBIAの各EQカーブにも対応。また、MCカートリッジの負荷抵抗に加え、MMカートリッジの負荷容量切り替えも備えており、レコードやカートリッジに合わせたセッティングが可能です。

[画像2: リンク ]

                       シルバー

[画像3: リンク ]

                        ブラック

【特長】

完全差動入出力回路
偏差±0.05dB以下の高精度RIAA EQ回路
モノラルLP や1955年のRIAAカーブ策定の前後に発売されOLD EQでカッティングされたLPの再生用に、DECCA、COLUMBIAのそれぞれ独立したEQ回路を搭載
MCカートリッジのバランス入力に対応
MC負荷インピーダンス切り替え(10、22、47、100、220、470、1KΩ)
MM負荷容量切り替え(0、100、220、330pF
MC負荷インピーダンス測定機能(フロントアナログメーターに表示)
MM/MCゲイン切り替え機能(12dB)
Subsonic検知機能(フロントアナログメ ーターに表示)
Subsonicフィルター機能(17Hz, −24dB/oct.)
左右チャンネルを合成してモノラルとして出力するMONO機能
帯磁したカートリッジを消磁するDEMAG(消磁)機能
3 点支持ピンポイントフット



[画像4: リンク ]

                         背面

【仕様】
詳細仕様はウェブサイトをご確認ください。

【製品ページ 】
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]