logo

2020年卒業生の実就職率 97.0% 女子大学で「10年連続ナンバー1」 快挙達成

昭和女子大学 2020年08月04日 20時05分
From Digital PR Platform




昭和女子大学(学長:小原奈津子/東京都世田谷区)の2020年3月卒業生(2019年9月卒を含む)の実就職率が97.0%となり、「2020年最新実就職率ランキング(大学通信発表)」で、卒業生1000人以上の女子大学で10年連続ナンバー1を達成しました。今年は卒業生100人以上1000人未満も含めた女子大学の中でもトップ、全国では5位(前年4位)にランキングされました。
【実就職率=就職者数÷(卒業者数-大学院進学者数)×100】




 2020年3月卒業生の就職率は、前年比0.3ポイント減の97.0%でしたが、2011年から10年連続で女子大学で首位を獲得しました。また、全国の大学においては、金沢工業大学(98.1%)、大阪工業大学(98.1%)、福井大学(97.9%)、愛知工業大学(97.9%)に次ぐ高さで、全国5位となりました。
 就職した1,216人中、正社員・常勤職員が96.5%で、総合職が356人、転勤のない準総合職が38人、一般事務職が241人で、総合職・準総合職の比率は年々増加しています。

 昭和女子大学では、学生が職業・就業を中心に据え、自分の生き方を設計する力を身につけられるよう、4年間を通じて充実したキャリア支援を行っています。
 キャリア科目、キャリア支援プログラムに加え、独自の「社会人メンター制度」では、約300人の多様なキャリアを持つ女性のメンターから直接アドバイスをもらうことができます。メンターは公募制です。
 学生たちのキャリアデザインへの意欲と、きめ細かなキャリア支援が今回の結果につながったと考えています

昭和女子大学のオンラインによるキャリア支援
 新型コロナウイルス感染防止のため4月1日から学生の大学立ち入りが禁止となる中、今まで対面で実施していたキャリア教育やキャリア支援、社会人メンター制度をオンラインで引き続き実施し、キャリア形成の支援に力を入れています。面談はオンラインで従来よりも枠を拡充してきめ細かく個々の学生の相談に応じています。
 リンク


▼本件に関する問い合わせ先
昭和女子大学 広報部
メール:kouhou@swu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]