logo

Dr.Web 12.0 for Windowsに含まれるコンポーネントをアップデート

Doctor Webは、Dr.Web Security Space 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0 および Dr.Web Anti-virus 12.0 for Windows Serversに含まれるSpIDer Agent for Windows (12.10.0.06140)、Dr.Web Scanner SE (12.10.0.06260)、Dr.Web Control Service (12.10.0.05221)、Dr.Web Scanning Engine (12.5.4.202006100)、Dr.Web Shell Extension (12.10.0.06040)、Dr.Web Security Space setup (12.10.0.05060)、Dr.Web Anti-virus for Windows setup (12.10.0.05060)、Dr.Web Anti-virus for Windows servers setup (12.10.0.05060)をアップデートしました。

###
さらに、Dr.Web Security Space 12.0およびDr.Web Anti-virus 12.0では、Dr.Web Firewall for Windows (12.05.02.04160)およびLua-script for traffic-hook (12.5.6.04160)もアップデートされました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正され、内部変更が加えられました。

SpIDer Agent for Windowsの変更点

ファイアウォールのアプリケーションルールウィンドウ内の検索ボックスを使用した際に、エージェントプロセスが異常終了する問題が解決されました。
アプリケーションのコンポーネントの更新中にエージェントが異常終了を引き起こす問題が解決されました。
ファイアウォール設定でルール検索を使用時に発生していたアプリケーションルールの削除に関する問題が解決されました。
Windowsのハイコントラストテーマや高解像度表示に関するUIレイアウトに関する問題が解決されました。
ドキュメントがアプリケーションの言語として指定されたものではなく、異なる言語で表示される問題が解決されました。
Dr.Web UIテキストのナレーションをサードパーティ製スクリーンリーダーアプリケーションに許可するオプションが利用可能になりました。
スクリーンリーダーに関する複数の問題を解決するためにUIの調整を行ないました。
UIレイアウト、表示、動作に関する問題に対応しました。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]