logo

新クラウドサービスで「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズが進化 自動電子ファイリングによりデジタルトランスフォーメーションを推進

キヤノンは、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズ(2020年6月発売)の機能を拡張する新たなクラウドサービスとして、紙文書の電子ファイリングの自動化・効率化を実現する“uniFLOW Online Cloud Scan Advance (ユニフロー・オンライン・クラウド・スキャン・アドバンス)(※1)”の提供を2020年7月29日より開始します。



[画像: リンク ]



ICT技術の進化やクラウドサービスの普及、在宅勤務などのテレワークの拡大により、オフィスの働き方改革が進み、その中で文書共有を目的とした紙文書の電子化のニーズが高まっています。新クラウドサービス“uniFLOW Online Cloud Scan Advance”は、高速で高品質なスキャンが可能な「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズとの組み合わせにより、紙文書を効率的に電子ファイリングする「アドバンスドスキャン」を実現し、オフィスのデジタルトランスフォーメーションの加速と生産性向上に貢献します。

■ 「ファイリングアシスト」機能により電子ファイリングの自動化や効率化を実現
業務で使用する定型帳票のスキャンデータにOCR(光学文字認識)処理を行い、抽出した複数のキーワードの組み合わせから、ファイル名やフォルダー名とともに保存先のフォルダーを設定し、帳票を自動で振り分け保存できる新しいファイリング方式です。本体の操作パネルに、部門や個人、帳票の種類、業務など使い方に合わせて事前登録したボタンを押下することにより、原稿を読み取り、事前に学習させておいた定型帳票と照合して帳票のレイアウトの特徴を特定し、ファイル名の付与、外部クラウドストレージ(※2)のフォルダーへの振り分け保存を自動で行います。レイアウトの特徴はひとつのボタンに最大1,000件登録できるため、オフィスの多くの帳票を認識し、電子ファイリングすることが可能です。また、ADF(自動原稿送り装置)は、異なるサイズの用紙をまとめて読み取りできるため(※3)、複数の帳票を手作業で仕分けずに一括で電子ファイリングすることが可能となり、効率的な電子化を実現します。

■ ファイル名と保存先の簡単確認により確実な電子ファイリングが可能
付属ユーティリティー「スキャンセンター」により、複数のスキャンデータのファイル名や保存先フォルダーなどのファイリング情報をPCの画面上で保存前に確認し、複数のフォルダーに一括で保存できます。必要に応じてファイリング情報も修正できるため、確実かつ容易な電子ファイリングが可能です。


[表: リンク ]



※1 「imageRUNNER ADVANCE Gen3」シリーズでも利用可能。
※2 対応するクラウドストレージは、box、 Dropbox、 Evernote、 Google Drive、 OneDrive、 OneDrive for Business、 SharePoint。
※3 ADFでまとめて読み取りできる用紙サイズは「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズと「imageRUNNER ADVANCE Gen3」シリーズで異なります。詳細は製品ホームページをご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]