logo

【共立女子大学】オリジナルデザインマスク制作の取り組み

共立女子大学 2020年07月13日 20時05分
From Digital PR Platform




共立女子大学(東京都千代田区/学長:川久保 清)家政学部被服学科では、新型コロナウイルス感染症問題に対応した教育として、ファッション性の優れたオリジナルデザインマスク制作に取り組みました。




 共立女子大学家政学部被服学科では、新型コロナウイルス感染症のパンデミックという深刻な社会課題に対応した実践的な教育として、オリジナルデザインマスク制作に取り組みました。対象は家政学部被服学科に所属する1~3年生の278名で、自宅にある材料を利用してオリジナルデザインのマスクを制作し、制作の過程をレポートにまとめるという課題を設定しました。マスクのデザインや制作では、機能性に加えてファッションデザインや被服材料、被服造形等について多面的に検討し、創意工夫するクリエイティブな能力が求められます。

 制作されたオリジナルデザインのマスクの中には、古着や不要になった生地を使用したサステナブルな作品や、キッチンペーパーや編み物をしたオリジナリティーのあふれる作品がありました。オリジナルデザインのマスクが家族に好評で20枚も制作した学生もいました。


 共立女子大学家政学部被服学科ではこのように、社会課題に対応しつつクリエイティビティを養成する実践的な教育を進めています。

▼関連リンク
●共立女子大学・共立女子短期大学ホームページ
 リンク
●【家政学部被服学科】オリジナルデザインマスク制作の取り組み
 リンク



▼本件に関する問い合わせ先
共立女子学園 総合企画室
野村・角
住所:東京都千代田区一ツ橋2-2-1
TEL:03-3237-2838
メール:kohop@kyoritsu-wu.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]