logo

Dr.Web 12.0.8 for Microsoft Exchange Serverをリリース

Doctor Webは、Dr.Web for Microsoft Exchange Server バージョン12.0.8をリリースしました。新しいバージョンではディストリビューションファイルDr.Web for Microsoft Exchange (12.0.8.06170) および Dr.Web for Microsoft Exchange setup (12.0.2.06020)がアップデートさたほか、新しい機能が実装され、発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web for Microsoft Exchangeへの変更

DNSBLサーバーのスキャンがAnti-spamに追加されました。
アンチウイルスを初期化する際に発生するエラーが修正されました。
ディストリビューションファイルに含まれるDr.Web for Microsoft Exchange setupが更新されました。

Dr.Web for Microsoft Exchange setupへの変更

Windows Server 2008(x64)上にアプリケーションをインストールする際にエラーが発生する問題が解決されました。
MS Exchange Transportサービス名のローカリゼーションがインストール準備のウィンドウに掲載されました。

インストール時に、アーカイブからライセンスキーファイルを抽出する機能が追加されました。
上記のほか、管理者マニュアルおよびリリースノートが一新されました。
インストール方法およびDr.Web 12.0.8 for Microsoft Exchange Serverシステム要件について、詳しくはマニュアルをご参照ください。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]