logo

次世代蓄電技術開発のCONNEXX SYSTEMS、 三菱マテリアルと「Battery Second Life」事業で提携

CONNEXX SYSTEMS株式会社 2020年06月18日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2020年6月18日
CONNEXX SYSTEMS株式会社

 このたび、CONNEXX SYSTEMS株式会社(京都府相楽郡、代表取締役 塚本壽、以下「CONNEXX SYSTEMS」)は、三菱マテリアル株式会社(東京都千代田区、取締役社長 小野直樹、以下「三菱マテリアル」)のコーポレート・ベンチャーファンドである「MMCイノベーション投資事業有限責任組合」を引受先とする第三者割当増資を実施すると共に、相互の経営資源を活用した協業を推進することで合意いたしました。

 

 CONNEXX SYSTEMSは、既成概念に囚われない革新的な蓄電池技術により、クリーンでレジリエントな社会基盤の構築に資すると共に、エネルギーの地域自立、引いては文明の共存共栄に貢献するべく設立されたスタートアップカンパニーです。現在、複数の異なる電池をケミカルな系として一体化する画期的なハイブリッド蓄電技術BIND Battery™や、これまでにない超高率充放電性能を実現した HYPER Battery™、鉄と空気を燃料とする革新的二次電池 SHUTTLE Battery™等、未来のエネルギー・システムを変革し得る、ユニークで革新的な蓄電技術の開発、展開に取り組んでおります。

 

 近年、xEV※の世界的普及を背景に、今後大量に流通することが見込まれる使用済のxEVに搭載されているリチウムイオン電池(以下「使用済車載LIB」)のリユース、リサイクルが社会的課題になっておりますが、その実現には、様々な課題があります。CONNEXX SYSTEMSは、これらの課題を解決し得る新しい蓄電池技術により、使用済車載LIBを安全かつリーズナブルにリユースすることにより、「Battery Second Life」市場を創造し、資源の有効利用、環境負荷の低減に資するべく、事業化の検討を行なって参りました。

 

 一方、三菱マテリアルは、全社方針の一つとして掲げている「新製品・新事業の創出」に向けて、使用済車載LIBをリユース・リサイクルする技術の開発を積極的に行っており、使用済車載LIBを回収した後、リユース可能なものについては定置用蓄電池システム等として再利用し、その他についてはコバルトやニッケル等のレアメタルを取り出してリサイクルする等、資源循環システムの構築を目指しております。

このような背景の中、三菱マテリアルとCONNEXX SYSTEMSとは、共通のビジョンと各々の取り組みを踏まえ、相互の技術・ノウハウ、知見を持ち寄り、共同してバッテリー・リユース事業、資源循環システムの構築を目指すべく、このたびの資本業務提携に至ったものです。

 

 CONNEXX SYSTEMSは、本資本業務提携により、クリーンでレジリエントな社会基盤の構築に資するべく、事業のより一層の加速を図ってまいります。

 

※ 電動車両の総称。ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(BEV)などが含まれる。

 

【MMCイノベーション投資事業有限責任組合の概要】

【表:リンク

三菱マテリアルからのプレスリリースはこちら

リンク

 

【CONNEXX SYSTEMSの概要】

【表:リンク

以上

 

 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]