logo

『鬼滅の刃』の人気の秘密は「ゾンビ」にあった!?履修希望者殺到する近畿大学の超人気講義が1冊に! 『 大学で学ぶゾンビ学~人はなぜゾンビに惹かれるのか~』好評発売中

著者の岡本健氏は近畿大学にて「現代文化論」、同志社女子大学にて「メディア社会学」でゾンビ学を講義。近畿大学の2019年講義は履修希望者が殺到し、授業数を急遽増やしたほど。

『週刊少年ジャンプ』(発行・発売:集英社)にて連載されていた、まさに今、巷で話題となっているコミック『⻤ 滅の刃』(吾峠 呼世晴著)をはじめ、実写映画化もされた『進撃の巨人』(諫山 創 著・講談社刊)、『東京喰種-トーキョー
グール-』(石田スイ 著・集英社刊)、『亜人』(桜井画門 著・講談社刊)などの人気コンテンツには、ある共通した構図がもちいられていると著者は本書内で分析する。




[画像1: リンク ]



 人々は何をもって「ゾンビ」としているのか。ゾンビを研究して何がわかるのか。
 ゾンビの歴史の始まりはヴードゥー教にある。そこから金字塔的ゾンビ映画、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』が登場し、昨今の『ワールド・ウォーZ』までさまざまなゾンビ映画が作られている。映画だけでなく、マンガ、アニメ、ドラマ、小説ゲーム、ハロウィン、町おこしなど「ゾンビ」という存在は人々を惹きつけてきた。特にここ数年は、『ワールド・ウォーZ』、『カメラを止めるな!』、『屍人荘の殺人』、『ゾンビランドサガ』など、ゾンビコンテンツの大ヒットが続き、ハロウィンともなれば街はゾンビメイクの人々で溢れるのは印象的である。

そもそも「ゾンビ」とは何か。映画、ゲームなどのコンテンツでどのように発展してきたか。いつからゾンビは全力疾走するようになったのか。『⻤滅の刃』はゾンビものなのか。日本独特の「カワイイ」文化に取り込まれたゾンビや、ゾンビでの町おこしなど、本書はあらゆる角度からゾンビを分析する、ゾンビ総合研究書である。深遠なるメディアコンテンツ学の世界へ読者の皆様を誘います。

■5月には本書を含めた新聞広告が掲載

[画像2: リンク ]

5月17日(日)『産経新聞』、5月24日(日)『読売新聞』に扶桑社から発売された新刊新書連合の広告という形で、『大学で学ぶゾンビ学~人はなぜゾンビに惹かれるのか~』が掲載される。

■主な構成内容
第一章 「ゾンビ」とは何か
1 ゾンビという字を辞書で引いたら
2 先行研究の収集と整理
3 芋づる式に知識を得ていく
4 現実のゾンビ
5 虚構のゾンビ
6 概念のゾンビ
7 ゾンビ研究の「位置づけ」とは?
8 さまざまなメディアのゾンビをどのように見ていくか

第二章 映画で見るゾンビの歴史
1.ゾンビ映画の数の推移 ―こんなに多いゾンビ映画
2.ヴードゥー・ゾンビ ―異文化としてのゾンビ
3.モンスターと宇宙 ―ゾンビと科学の出会い
4.人食いゾンビの発明 ―ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』
5.ゾンビの夜明け ―リビングデッドはショッピングモールの夢を見るか
6.他メディアへの波及 ―プロモーションビデオとデジタルゲーム
7.二〇〇〇年代のゾンビ・バブル ―「ウイルス」&「ダッシュ」

第三章 ゾンビのグローバル化、マルチメディア化
1.世界をまたにかけるゾンビ映画 ―『ワールド・ウォーZ』
2.ところ変わればゾンビも変わる ―進む国際化と多様化―
3.ゾンビとゲーム ―デジタルゲームとアナログゲーム―
4.スマートフォンとゾンビ ―広大なネットをさまよう―
5.価値観の感染爆発(パンデミック) ―「他者」とのかかわりを考える―

第四章 日本のゾンビ文化考
1 日本のゾンビ映画 ―『バトルガール』から『屍人荘の殺人』まで―
2 邦題のえじき ―映画宣伝の面白さ―
3 ゾンビ漫画の世界 ―バラエティ豊かなラインナップ―
4.ポップでかわいい、萌えるゾンビ ―『ハローキティ ゾンビフレンズ』『さんかれあ』
5 地域はゾンビで甦る? ―『ゾンビランドサガ』と「横川ゾンビナイト」

第五章 なぜ人々はゾンビに惹かれるのか
1.「だらしなさ」から来る「自由さ」 ―バカバカしさの中に創造性あり―
2.ゾンビは人間自身を見つめなおさせる―
3.ゾンビは自分や大切な人がそうなるかもしれないものでもある―
4.ゾンビは他者との関係を考えさせる―
5.これもゾンビですか? ―『鬼滅の刃』をゾンビ学で読む―

■著者プロフィール
岡本 健(おかもと たけし)
1983年、奈良県生まれ。近畿大学総合社会学部総合社会学科准教授。専門は観光学、観光社会学、コンテンツツーリズム学、ゾンビ学。北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院観光創造専攻博士後期課程修了。博士(観光学)。著書に『コンテンツツーリズム研究 アニメ・マンガ・ゲームと観光・文化・社会』(福村出版)、『巡礼ビジネス』(角川新書)、『アニメ聖地巡礼の観光社会学 コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析』(法律文化社)、『ゾンビ学』(人文書院)など。近畿大学の「現代文化論」、同志社女子大学の「メディア社会学」でゾンビ学を講義。近畿大学の2019年講義は履修希望者が多すぎて2回授業となったほど。

■新刊概要
タイトル:『大学で学ぶゾンビ学~人はなぜゾンビに惹かれるのか~』
著者:岡本 健
発売:2020年5月1日
定価:本体940円+税
判型:新書判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08324-3

■購入リンク
Amazon
リンク
楽天ブックス
リンク

■本書の内容、取材などについては下記へお問い合わせください
株式会社扶桑社 宣伝部 PR担当
Mail:fusoshapr@fusosha.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]