logo

「Power Appsで地図サービス「Bing maps」使った作業記録アプリを作る 」

ディーアイエスソリューションは三島正裕がマイナビニュースで連載しているコラム「Power Appsで地図サービス「Bing maps」使った作業記録アプリを作る 」を公開しました。

興味がある方はご覧ください。
--
前回は、GPSを使ったアプリの作り方を説明しましたが、スマートフォンから緯度や経度が取得できるなら、その情報は地図に表示したいですよね。現在地や登録しておいた位置情報がアプリの地図に表示できるようになると便利です。

Office 365のPower Appsにはマイクロソフトが提供する地図サービス「Bing maps」に接続するコネクタやコントロールをするための関数が用意されています。今回は、これらを活用した簡単な地図アプリの仕組みを紹介します。
(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]