新型コロナウイルスもDXも『紙』がボトルネック。ペーパーレス化を推進しないと、コロナが明けても傷跡が残るだけ

日商エレクトロニクスは人気コラムニスト吉政忠志氏のコラム「新型コロナウイルスもDXも『紙』がボトルネック。ペーパーレス化を推進しないと、コロナが明けても傷跡が残るだけ」を公開しました。

--
新型コロナウイルスが猛威を振るっています。1日の接触人数を8割削減すれば、感染数は減少すると思います。しかし、それは時間稼ぎだけで、根本的な解決にはなっていません。感染数を減らしても、緊急事態宣言を解けば、1日の接触人数が増え、感染数は増えます。結局、新型コロナウイルスとの戦いは薬やワクチンが一般提供できるまでは続きます。つまり企業としては長期間の戦いを強いられることになります。

しかしながら、今、1日の接触人数を8割削減できなければ、この長期間の戦いというのも夢物語になってしまいます。なんとしてもSTAYHOMEを徹底しなければなりません。

テレビでは、人接触8割削減が必要な状況にあるにもかかわらず、出社している通勤ラッシュの映像が流れています。企業のリモートワークの実施率が26%にとどまっているからそのような状況になってしまいます。テレビのインタビューでは「書類に捺印しないといけないから出社します」という回答もあり、まだまだ紙文化の企業文化が浮き彫りになっている感が否めません。
(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]