logo

【藤田観光】東京都「『心のバリアフリー』好事例企業」の 10社に選出されました!

藤田観光株式会社 2020年04月02日 13時15分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社:東京 代表取締役社長 伊勢 宜弘)は、2010年から手話講習会やノーマライゼーション研修等の従業員教育を継続実施し、ダイバーシティ&インクルージョンに積極的に取組んでいます。昨年度は、「東京都『心のバリアフリー』サポート企業」に登録され、そして本年度は、先進性、独自性、波及効果等の観点から特に優れた取り組みを実施している企業として、「『心のバリアフリー』好事例企業」の10社に選出されました。
当社が心のバリアフリー好事例企業に選定された主な理由(東京都資料より)は以下の通りです。

(1)事業所ごとに企画・実行した取組を他事業所に展開リンク
全事業所で「ダイバーシティ推進活動」を実施しており、事業所ごとの取り組みを年1回の全国会議で経営陣及び他事業所推進メンバーの前で報告することで、好事例を横展開しています。

(2)全従業員を対象とした研修・コンクールを実施
全従業員を対象に、公募型のノーマライゼーション研修と手話コンクールを毎年実施しています。接客等のサービス技能を競うコンクールに手話部門を設けることで、従業員間で手話技能を高める工夫をしており、年々従業員の手話レベルが向上しています。

(3)ホームページ上にユニバーサルデザインの取り組み紹介ページを作成
車椅子ユーザーの従業員の発案により、ホームページ上に「ユニバーサルデザインへの取り組み」ページを作成し、各施設の詳細なユニバーサル情報を写真付きで発信しています。
今後とも、高齢の方や障がいのある方、乳幼児を連れた方など様々なお客さまが、安心・安全に施設をご利用していただくため、従業員の「心のバリアフリー」教育を強化してまいります。

■東京都「『心のバリアフリー』サポート企業連携事業」について
リンク

■藤田観光グループのユニバーサルのユニバーサルデザインへの取り組みについて
リンク

■藤田観光グループのダイバーシティ&インクルージョンの取り組みについて
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]