logo

羽田空港旅客ターミナル、「kintone」でシステム統合

-国内線・国際線の統合に伴った館内全体のオペレーション再構築-

サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、社長:青野慶久、以下サイボウズ)は、日本空港ビルデング株式会社(以下日本空港ビルデング)の羽田空港旅客ターミナルの国内線・国際線システム統合に伴う館内オペレーションとして、3月14日より業務改善クラウドツール「kintone(キントーン)」の導入が決定しましたことを発表いたします。



■お客さまが快適かつ安心してお過ごしいただくために
羽田空港旅客ターミナルは、第2ターミナル国際化に伴う国内・国際の情報の統合化ツールとして「kintone」を採用し、コンシェルジュやテナントの管理者など多くの関係者が情報管理を安全かつ効率的に行うことで、空港全体のサービスの向上を目指します。


[画像: リンク ]


■情報共有を通じてチームワークあふれる業務を
導入が決定した「kintone」では「遺失物管理」、「介助手配」、「苦情要望」等で活用予定です。

●「遺失物管理」の使用例
発見した遺失物の詳細と写真をあわせてkintoneの「遺失物管理」アプリに登録します。空港内関係者は時間や場所を問わず、スマートフォンやタブレットから遺失物管理用データベースにアクセスできるようになり、お客さまへの対応を今までよりもスピーディーに行うことができます。

サイボウズでは、同等の課題を持つ空港や大型商業施設においても、チームワークを活かしたkintoneの展開を進めてまいります。

■kintoneとは
製品サイト:リンク
サイボウズ株式会社が提供する、業務アプリ開発プラットフォームです。事業の進捗を可視化するプロジェクト管理、チームのToDoやタスク依頼、部署をまたいだコミュニケーションなど、お客さまの用途に合わせた業務アプリの作成が可能です。アプリケーションはノンプログラミングで開発できます。


※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。また、当社製品には他社の著作物が含まれていることがあります。個別の商標・著作物に関する注記については、こちらをご参照下さい。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]